捨てられないもの8 レッツ美部屋!

2017年05月10日

シェアする:

※NHKサイトを離れます

「いらないものを捨てて、目指せ!美部屋」

なぜか物で溢れかえってしまうお部屋。
今回は、そんな中でも女子高校生たちがなぜか捨てられないプリントシールや手紙、そして服。
その簡単整理テクを一挙紹介!

 

今回の調査の舞台は関西。大阪市と兵庫県明石市で捨てられないものを調査!
まずいっちゃんとるーみんが向かったのは大阪市内の高校に通う植田杏香さんのお部屋。

彼女の机の中は…物がぎっしり!

 

小学校の時に遊んでいたビー玉や幼稚園の連絡帳、友達からもらった誕生日プレゼントなど。
さらにクローゼットにはランドセルまで。

杏香さんは「思い出があって物が捨てられない」ため物が溢れてしまったんだとか。

中でも、特に捨てられずにいるのが…手紙とプリントシール。

 


 

ちなみに大阪の女子高校生にプリントシールをどうしているか聞いてみると…
25人中24人が捨てられずにとっている!とのこと。

 

 

今回、部屋の片づけのお手伝いをしていただいたのは整理収納アドバイザーの金城貞美さん!

 

金城さんによると…

① 手紙の整理の仕方・・・

思い出として残しておくのは

「内容を覚えている手紙こそ本当に大切な手紙」

残りは処分!

 

② プリントシールの整理の仕方・・・

・ひと月ごとに見開きでノートに貼っていく。
・選ぶのは、直感で「カワイイ」と感じた物だけ
・5秒間悩んでも迷っているプリントシールは一思いに処分!

 

するとスタジオのR’sから出た意見は

「捨て方が分からない!」

そこで心理カウンセラーの小高千枝さんに聞いてみると…

 

★捨てやすくするには

①「ありがとう」「出会ってくれてありがとう」など感謝の言葉を短く書くと罪悪感が薄れて捨てやすくなる
②お気に入りの封筒や紙袋に入れると更に罪悪感が薄れて捨てやすくなる

 

 

 

続いて、いっちゃんが訪ねたのは明石市の高校に通う石井萌々香さんのお部屋。
彼女のお部屋には脱ぎ散らかした大量の服が散乱!

 

受験勉強や部活が忙しくて、なかなか服が捨てられずに部屋が服で溢れてしまったそう。

整理収納アドバイザーの金城貞美さんによると…

服の簡単な整理テクは・・・

 

「着る服」と「着ない服」に仕分けて、自分がどんな服を持っているのかきちんと把握すること!が大事。
そして「着ない服」は思い切って処分する!
さらに!

 

時短収納テク

①「服の住所を決める」:チェストの下にスカートやボトムス。上段にトップスと入れる場所を決めれば、着るときも片づけるときも迷わず時間短縮。
②服を収納するときは、どの服がどこにあるかわかるよう縦置きで収納。
③部活で使うジャージ類は、Tシャツとパンツで向きを変えればさらに選ぶ時間が短縮できる。

誰でも簡単にできる収納方法なので、みんなも美部屋を目指して挑戦してみてね!
もちろん、まずは自分の部屋にある「いらないもの」を捨ててから!

 

 

 


出演者一覧


【ゲスト】流れ星,水沢アリー,整理収納アドバイザー…金城貞美,心理カウンセラー…小高千枝
【司会】山口達也,秋鹿真人
【出演】石田桃香,小川陽美,川上兼司,木下愛華,日下部美愛,小松崎夕楠,高橋優斗,坪内夕起子,橋本涼,布施日花梨,前川優希【VTR出演】石野瑠見
【語り】大江戸よし々,小坂由里子

シェアする:

※NHKサイトを離れます

もっと読む
Etuberサイトへ

他のカテゴリ:お役立ち情報 の記事

【生放送】2020東京オリパラSP

ライフハック3~梅雨のイライラ解消術大公開!~

Rのトリセツ 新学期の“気まずい”解消法

さくら祭り

“キレイ食べ”でマナー女子に!