2019年06月15日 (土)【6月15日のらじらー!サタデー】


2019-6-15
8時05
8時台のMCは、Hey! Say! JUMPの八乙女光くんと伊野尾慧くん!
2016112606.jpg

【今週のマル秘MC情報】
伊野尾「今日なんでメガネかけてるの!そんなおしゃれなメガネ!」
八乙女「いつもかけてるじゃん!!!」
伊野尾「いつもは、実用的なメガネなのに(今日は)洒落っ気付いてるやつ」

伊野尾「私は今日、朝からロケしてました。これはネタバレになっちゃうかもしれないけど、午後はズッーっとかき氷食べてた」
―――――――――――――――――― 

2019-6−15
8時12
「教えて!あちこちのすずさん」
201906150802.jpg
伊野尾くんと八乙女くんが8月にらじらー!とコラボする「NHKスペシャル」に出演します。
テーマは「戦争中に厳しい環境の中でも、懸命に生きた人たちの暮らし」です。
「Nスペ」と「らじらー!」のコラボ企画の第2弾です。

今日は、Nスペのカメラもスタジオに入っています。
radirer_IMG1122.jpgradirer_IMG_.jpg
戦争中の日常を描いて映画にもなった漫画「この世界の片隅に」
その主人公「すずさん」のように、戦時中の生活で<大変だったこと>や<大変だったけど楽しかったこと>について、リスナーのみんなが、おじいちゃんやおばあちゃんなど、
戦争を体験した人に聞いてくれました。

『祖母に、戦争の時楽しいことはあった?と聞いてみました。でも、祖母は「楽しいことなんてあるはずない」と答えました。
当時学生だった祖母は、山を切り開いて、芋を植えていたらしいです。その竹の先に藁をつけて、
アメリカ人が来た時につく練習をしていたと教えてくれました。もしかしたら、当時も笑ったことはあるかもしれないけど、
それをかき消すくらい、とてつもなく辛いことの方が多かったのかなと思います。私は戦争の話が苦手です。
祖母から聞いた光景を想像するだけで、苦しくなります。
でも、そんな世界を生きた、祖母の辛い経験や気持ちを「知らない」というだけで、なかったことにするのはなんか違うなと思いました。戦争のことは学ばないといけないな、と思いました。』
伊野尾「戦争のことを聞いちゃいけない話なのかなって思う気持ちもあるし、これ以上聞きたくないって気持ちもあるかもしれない。
でも、戦争を知っている世代の人たちがどんどんどんどん高い年齢になっている。
僕らよりも若い世代に伝えていくことが大事だと思うから。 」

『今は亡き祖父母の戦時中の「恋の話」です。
私は父方の祖父母と同居して育ちました。そのため、特に祖母とはいろんな話をして育ちましたが、戦時中のことはあまり話したがりませんでした。辛い思い出が多かったのでしょう。
ただ、唯一、祖母がいつも嬉しそうに話してくれた話があります。それは、プロポーズの話です。
まさに戦時中、青春ど真ん中だった私の祖父母は恋に落ちました。しかし、祖父は間も無く戦場へと旅立ってしまったそうです。
そして、数日後。祖父は自分の家族の元へ帰るよりも先に祖母のところへ来て、「ただいま、結婚しよう」とプロポーズしてくれたそうです。祖母は、いつもいつも、嬉しそうにその時の話をしてくれました。
「おじいちゃんてばね、私のところに一番に来てくれたのよ」と…
私はその話を聞くたびに映画やドラマの話だなと、どこか客観的に思ってしまう自分がいるのと同時に、そのキラキラして、今も祖父に恋をしている祖母の顔をみて、
「戦時中でもこうして好きな人ができて、恋をして、思い合って、あぁそうか。
人々の生活や気持ちは今と何も変わらなかったんだ」と、
よく考えれば当たり前なことに気づき、なんだか不思議な気持ちになったのを覚えています』

八乙女「なんか、ただただ日常を聞いているのに、映画のように感じるのは時代がそうさせてるのかと思うと、すごい時代があったんだなって思う。『一番に話してくれたのよ』って、一言をずっと覚えていて、それが脳裏にあるのはすごいと思う。」
伊野尾「…言える?自分の境遇に当てはめてみた時に。今と違って、連絡手段もないから、ずーっと連絡つかないわけで、そこでのその一言は相当覚悟がないと」

『私のおばあちゃんは当時小学二年生で、戦時中は本当に大変だったそうです、登下校中は飛行機が来たら、すぐに道端の溝に入って隠れる、学校についてもサイレンがすぐなって帰らなければならないという生活だったそうです。四つにサイレンがなれば、電灯に黒い布を被せ、暗い中でご飯を食べたりお菓子を持って防空壕に身を隠したり大変だったそうです。当時は共同風呂でお風呂を沸かす当番で火をつけていた時に、アメリカ軍の飛行機がすぐ近くを通って、中に乗っていた2人の兵士と目があった時のことは今でも忘れないと言っていました。』
八乙女「僕は、最初わからなかったんですよ。世界の〜サイレンがならなくても電灯に黒い布かける理由がわからなかったけど。」
伊野尾「共同風呂で、お風呂を沸かすって今も想像つかない。そういうのもNスペで体験できるかもしれないね」

『私のおじいちゃんは静岡県浜松市の特攻隊の軍医をしていました。まだ二十歳だったおじいちゃんは自分の診断で、突撃の合否が決まること、そして何より同年代の兵隊さんたちの「全身粉砕」という診断書を書かなければいけなかったことが、とてもとても辛かったそうです。
そんな中で唯一の楽しみは兵隊さんと、みんなで近くの古墳を訪れて、鏃を発掘したり写真を撮ったりしたことだそうです。
終戦後、東京へ戻った、おじいちゃんは病院を開業し、私は今、おじいちゃんの1人でも多くの命を救いたいという遺志をついで、
看護師をしています。』
八乙女「辛いね。知り合いの方の、診断書を書かなきゃいけないってことは。」
伊野尾「軍医の方の診断書で、戦争にまた行かなきゃいけないのかどうかを決めてたわけで。それを二十歳でしてたんだよ?
僕らの二十歳と比べ物にならないよ。」

伊野尾「今まで戦争のメールって紹介して来たことなかったからね」
八乙女「映画とかみたり、して来たけどまだまだ知らないことがたくさんあるなって思いました。」
伊野尾「企画をきっかけに…聞いちゃいけないのかなって、思う人もいると思う。戦争の日常に興味を持ってもらえると嬉しいです。」

今日の放送の様子は、8月放送のNHKスペシャルでも放送されます。お楽しみに!

―――――――――――――――――― 
2019-6-15
8時40

「わたしのツンデレお兄ちゃん対決
201906150801.jpg
今月から週替わりで対決企画をやります!
今週はお兄ちゃんに甘える妹のセリフに僕たちが、<ツン>と<デレ>で答えます。
どちらのお兄ちゃんにキュンキュンしたか、みんなの投票で決めて勝った方のリクエスト曲だけをかけます。

「お兄ちゃん、彼女できたの?え、いやだ、いやだ、いやだ!私のお兄ちゃんが取られちゃう!」
慧お兄ちゃん「うるセェよ!俺に彼女ができて、取られちゃう?彼女は、来年再来年になったら、変わるかもしれないだろ?そのまま結婚するとは限らないだろ!……でも、妹はお前だけ…」

「お兄ちゃん、寝癖が治らないの…後ろの方で自分じゃ見えないからお兄ちゃん直してくれない??」
光お兄ちゃん「水かけて直せばいいじゃないか!ほら、お兄ちゃんがみててやるから…なんだよ、できないのか?…仕方ないなぁ。お兄ちゃん、メイクの仕事しているからブローしてやるよ」

リスナーによる投票の結果、勝者は伊野尾くん!

勝者のリクエスト曲は
山下達郎KISSから始まるミステリー<feat.RYO(from ケツメイシ)>」です!

―――――――――――――――――― 
2019-6-15
9時05

9時台のMCは、浜中文一くんと関西ジャニーズJr. なにわ男子の藤原丈一郎くん!
2016112606.jpg
藤原「文一くん、待ってるよ〜!」
今日は舞台のため、浜中くんは遅れて来ますよ〜!
そのため、藤原くんが1人で放送していきます!

藤原「もし、もし。文一くんが渋滞でこれなかったら、僕9時55分まで1人なので…」
浜中「よろしゅうたのんますぅ!!!!」
息切れしながら、文一くん登場です!舞台お疲れ様でした!

―――――――――――――――――― 
2019-6-15
9時8

『センターオブジアースくんが舞台終わりに道草!?一体、何してる?』
201906150903.jpg
舞台出演終わりでらじらー!に出演するはずが、道草?
一体、どこで何をしているのかみんなに考えてもらいました。

『カフェに入って、ホットミルクを注文し、哺乳瓶で飲んでいる』
浜中「センターオブジ赤ちゃんやん!それを狙ってたやろ…あぶなっ、そうそうそう、って言いそうになったわ!
絶対、らじらー!のせいや!」
藤原「哺乳瓶どのくらい持ってるんですか?」
浜中「そうね〜飲みやすさとか、口元のフィット感とかあるから…って、持ってないねん!」
―――――――――――――――――― 
2019-6-15
9時20

【藤原丈一郎Presents なにわ男子、今週のスクープ
藤原「西畑大吾です。先日、Aぇ!groupの草間リチャード敬太と、小島健と大吾と野球を見に行って、一塁側で応援してたんですけど、『実は僕、3塁側のチームを応援したいんですよ』って大吾が言って来ました。」

―――――――――――――――――― 
2019-6-15
9時23

『でぃすこてぃっくで ええじゃないか!』
201906150901.jpg
センターオブジアースくんが出演している「THE YOUNG LOVE DISCOTHEQUE2019」の
上演場所である豊橋は「ええじゃないか豊橋」をキーワードに街おこし!
そこで、みんなの最近の失敗談を音楽に乗せて「失敗してもええじゃないか」と励ましちゃいます。

『レポートを書き終え、USBに保存したつもりで、PCを閉じたら保存してなかった!』
藤原「機械って言葉喋られへんから、そういうこともある。でも、一番大事なのは、人生一度きり!」
浜中「さっきから、人生一度きりって多ない?」
藤原「多いですかね?」
浜中「でも、そんなの…」
2人「「ええじゃないか〜♪」」
―――――――――――――――――― 
2019-6-15
9時30

「ノリツッコミをやったるで〜!
2019042791.jpg
浜中くんは先週で終わると思っていましたが、
圧倒的なリスナーの民意によって継続することになりました!
リスナーのみんなからもらったフリの言葉を紹介!
浜中くんと藤原くんがノリツッコミに挑戦します!

『センターオブジアースくんって、毎日寝る前にお母さんに絵本読んでもらわないとダメなんだよね』
浜中「ママ〜絵本読んでよ〜ママぁ〜ママぁ〜…………」
藤原「今、赤ちゃんお腹一回殴られてましたよね。それにしても、赤ちゃんのクセ強くない?」
浜中「センターオブジ赤ちゃん、人気やから」

『丈一郎くんって、一輪車で移動するんだよね?』
藤原「電車やと2時間、一輪車だと…三日!なんで…」
浜中「(スタッフ)優しっ」
藤原「文一くんくる前に仕込んでおいたんですよ。いつもの1.5倍笑ってくださいって」

―――――――――――――――――― 
2019-6-15
9時40

【藤原丈一郎Presents なにわ男子、今週のスクープ
藤原「大西流星です。この前、一緒にで駆け寄って話をしてたんですけど、僕年上なんですけど前日に『また今度ね』って言われました」
浜中「ごめん。手羽先食ってて、聞いてなかった。」

―――――――――――――――――― 
2019-6-15
9時45

「スター丈一郎と お付きの文ちゃん」
201906150902.jpg
リスナーから送ってもらったスターのピンチな場面をカット!がかかるまで、
お付きの文ちゃんがあの手この手で救います!

シチュエーションは…【テレビ番組の生放送中、スターの社会の窓が全開に!】
浜中「…やべぇ、チャック開いてる」
藤原「あれ、なんか聞こえる」
浜中「チャック!」
藤原「あー生放送ですからね、お客様のお口をね」
浜中「チャック!下のチャック!……あのなぁ、番組中はさすがに助けられへんと思うでぇ!!!」

シチュエーションは…【スターが突然語尾に、パイナポーをつける呪いにかかってしまった】
藤原「今日は俺のライブに来てくれてありがとパイナポー!」
浜中「美味しいですよね!」
藤原「豊橋のみんな、集まってくれてありがとパイナポー!」
浜中「最近食べてないなー!」
―――――――――――――――――― 
2019-6-15
10時5

10時台のMCは、ジャニーズJr. SixTONESの髙地優吾くんと田中樹くんが登場!

2016112606.jpg
6月15日は、田中樹くん24歳の誕生日!おめでとうございます!
radirer_IMG_6920.jpg
誕生日ケーキを用意しました!
radirer_IMG_6910.jpg
SixTONESの曲「Jungle」で、ライオンを担当している樹くん。
ということで、ライオンモチーフのケーキを用意しました!尻尾もついてます。

――――――――――――――――――
2019-6-15
10時9

「HAPPY BIRTHDAY 樹」
201906151001.jpg
今日、誕生日の樹をお祝いする<歌詞>をみんなが送ってくれました。
それを、髙地優吾くんがボイパ、樹が自らRAPで披露します。

 田中「ハッピーバースデー田中樹
MC 樹じゃなくちゃ 無理
次から次からでる ツッコミ
キレの良さに毎回 うっとり
ラップは いつでも 最高じゃん
SixTONES 目指すは ナンバーワン
その華麗な ストーリー 見せてくれ
今日という日を ページに 刻もうぜ」

田中「ラップを武器に心を掴む リリック紡いで会場揺らす
誰もが認める顔の良さ 落ちない女はいないのさ
グループではみんなのまとめ役 巧みなMCに舌を巻く
一目置かれるマルチな才能 なんでもこなせる器用さ I know
後輩からの支持も厚い みんなに好かれる田中樹」
髙地「”後輩からの支持も厚い みんなに好かれる田中樹”最後腹たつな〜!」
田中「綺麗に韻踏んでてうまいな〜って思うよ」

最後はフリースタイル
田中「今日は俺自身のバースデー
即興でかまし出すバースデー
俺の気持ちみんなに飛ばすぜ
ラップで祝う俺のバースデー
まずはスタッフさんに感謝、みんなもしてくれたぜ参加
わかんだ、できねぇ半端、やっぱ
アイアムラッパーなんだ!」

――――――――――――――――――
2019-6-15
10時19

「樹をおもてなし」
201906151002.jpg
いつも、SixTONESを仕切ってくれる樹くん!
普段苦労をかけているので、誕生日の今日くらいは<おもてなし>
みんなが樹をもてなすアイディアを送ってもらいました!

『髙地くんにママ役になってもらってたくさん甘えてみる!』
髙地「これはやらせてほしい」
田中「今日ちょっと、朝から仕事やって来たから」
髙地「髙地くん、どうだった?」
田中「全然うるさかった。」

『田中樹くんもボケをやってみたい!』
田中「メタル眉毛!」
髙地「…それはクリップじゃ」
田中「俺、今日こんなはずじゃなかった。」

『千葉のいいところを3つ!』
田中「何もないけどなんでもある。みんな、あったかい!」
髙地「それは、お前、千葉の仕事来ないわ」
――――――――――――――――――
2019-6-8
10時35

先週のエンディングでTravis Japanの宮近海斗くんと吉澤閑也くんから<指令>が出ています!

吉澤「今日ハッピーバースデーの田中樹くんですが、SixTONESの好きなところを6つ本気で言ってください。
髙地くんには樹くんに、愛の言葉を。」
宮近「照れ臭くて普段言えないことを今日、口にする。」
吉澤「いつもツンツンしてるからね」
宮近「やっぱりこう、愛を届ける、ファンのみなさんの耳元で。ということを僕は聞きたい個人的に」
吉澤「個人的にね笑」

田中「気を遣わない、みんなSixTONESが好き、自分たちが一番かっこいいと思ってる、自分がパフォーマンスするのにベストな環境、それぞれがそれぞれのやりたいこと貫いてる、ずっとSixTONESがSixTONESでいるところが好き」
髙地「樹くんへ、いつもうるさい僕たち5人をまとめてくれてありがとう、これからも色々ボケ倒していくけど、ツッコンでね。大好きだよ。」
_________________________
2019-6-15
10時40

「おやすみのチュウ対決」
06011002.jpg
送ってもらった単語を上手く使って、みんなのことを眠りに誘う対決です!
そして、最後には、2人からおやすみのチュウが…!
どちらがぐっすり眠らせたか、みんなに投票してもらい、勝った方のリクエスト曲だけをオンエアします。

みんなのメールはこちらのBOXから引いていきます。
radirer_IMG_6432.jpg

おやすみワードは…ラジオ体操
髙地「明日ラジオ体操だね。今日一緒に寝て、明日一緒に頑張ろうね。おやすみ(ちゅっ」
田中「この後、俺が同じことするんだ…」

おやすみワードは…ハリネズミ
髙地「ほら、早く寝ないと。ハリネズミの棘で攻撃しちゃうぞ〜早く寝なさい(チュッ♡」
髙地「身近な動物っていいよね、自然に降りて来た」

おやすみワードは…ラジオ体操
髙地「充電器一個しかないから、朝起きたら換えとくから、携帯いじんないでもう寝な?お休み…(熱烈なキス」

投票の結果…髙地くん 30%、田中くん70%
勝者は、田中樹くん!
勝者・田中くんのリクエスト曲はDJ Snake ft. Bipolar Sunshine「Middle」です。
――――――――――――――――――

投稿者:番組スタッフ(W・K) | 投稿時間:22時56分


ページの一番上へ▲