マイケル・ジャクソン 放送予定 [ラジオ第1] 8月19日(土)午後7時20分から

1958年、アメリカ・インディアナ州生まれ。ジャクソン・ファイブの中心メンバーとして歌うと同時に、1971年からソロとしても活躍。‘79年の『オフ・ザ・ウォール』、‘82年の『スリラー』などのアルバムが世界的ヒットを記録。プロモーション映像や、ムーン・ウォークなどのステージパフォーマンスが話題となりました。「キング・オブ・ポップ」の異名でまさにロック界に君臨していたマイケルですが、2009年6月15日、自宅で急死。最後のツアーを発表した直後だけに、その死をめぐり様々な憶測が飛びかいました。そんなスーパースターの波乱に満ちた人生をミュージカル界の実力派、田代万里生が歌い演じます。

いますぐラジオを聴く

次回の出演者

田代万里生MARIO TASHIRO

東京藝術大学卒業の声楽家。
2007年、ESCOLTAのメンバーとしてCDデビュー。
2009年には「マルグリット」でミュージカルデビュー。
2014年には「トゥモロー・モーニング」「スクルージ」の演技により菊田一夫演劇賞を受賞。

これまでの放送

遥かなる影 / カレン・カーペンター

2017年3月2日放送 演:平原綾香

#8

70年代のアメリカン・ポップス界を代表するデュオ「カーペンターズ」のカレン・カーペンターの半生を歌手の平原綾香さんが演じます。番組の最後に平原さんが歌うのは名曲「Close To You~遥かなる影」。

ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス / ジョージ・ハリスン

2016年11月3日放送 演:タケカワ・ユキヒデ

#7

ビートルズのリードギターとして活躍、インド音楽に傾倒し独自のサウンドを追求したジョージ・ハリスンの半生をタケカワユキヒデさんが演じます。番組の最後に歌うのは名曲「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」。

ボディー・ガード / ホイットニー・ヒューストン

2016年10月10日放送 演:阿川泰子

#6

「オールウェイズ・ラヴ・ユー」の大ヒットで知られる伝説の歌姫ホイットニー・ヒューストン。ジャズシンガー阿川泰子がその波乱に満ちた半生を演じます。

レッツ・ダンス / デヴィッド・ボウイ

2016年4月29日放送 演:山内恵介

#5

2016年1月に69歳で突然の死を遂げたロック界のスーパースター“デヴィッド・ボウイ”の音楽人生を“演歌の貴公子”こと山内惠介が演じます。ロックに美しさを求め華麗に生きたボウイならではの哲学とは? ヒット曲「レッツ・ダンス」に山内が挑戦。

もっと見る

サマー・タイム / ジャニス・ジョプリン

2015年11月3日放送 演:吉田美奈子

#4

伝説のブルースシンガー、ジャニス・ジョプリン。その波乱に満ちた27年の生涯を実力派ボーカリスト吉田美奈子が語り、演じます。スタジオに名ピアニスト森俊之を迎え、吉田が歌いあげるのはジャニスの代名詞ともいわれる「サマータイム」。

セーリング / ロッド・スチュワート

2015年5月4日放送 演:八代亜紀

#3

1960年代に海の向こうから押し寄せてきた音楽「ロック」は若者文化を大きく変えていきました。世界的ヒット曲を題材に熱い時代を描く音楽ドラマ。ロッド・スチュワートの「セイリング」を八代亜紀さんが万感の思いをのせ、歌い、そして演じます。

伝説のチャンピオン / フレディー・マーキュリー

2014年11月24日放送 演:錦織健

#2

クィーンの名曲「伝説のチャンピオン」を題材に、フレディー・マーキュリーの波乱万丈の半生を、オペラ歌手の錦織健さんが演じます。奇しくも、放送日11月24日は45歳で亡くなったフレディーの命日。ロックの魂がラジオの前のあなたに降臨!

ひとりぼっちのあいつ / ジョン・レノン

2014年11月3日放送 演:宇崎竜童

#1

1960年代、若者たちは、ビートルズの音楽に熱狂しました。あのころに青春時代を過ごした、あなたに贈る音楽ドラマです。ミュージシャン宇崎竜童さんがジョン・レノンを演じ、大人になった、今だからわかる、ビートルズソングの秘密に迫ります。

番組概要

伝説の洋楽アーティストのヒット曲を題材に、
その生涯と時代を紐解く音楽ドラマ『ロックレジェンド降臨』。

これまで我が国の音楽シーンを代表する様々な歌手たちが、ジョン・レノンや、
フレディ・マーキュリー、デビッド・ボウイなど個性豊なレジェンドの生き様を演じてきました。

第9弾となる今回は、ジャクソン・ファイブの末っ子として幼い頃から天才ぶりを発揮し、
ロック界を駆け抜けたスーパースター・マイケルジャクソンの生涯を曲とドラマでひも解きます。

メッセージをお寄せください