『進撃の巨人』の魅力を語る!②~宮田俊哉・石川由依・足立梨花~

ざっくり言うと
2018/01/03 ラジオマンガ
「進撃の巨人 第二弾」の放送に向けて第一弾を振り返ります。
声優・石川由依さんが選んだ名シーンは?

アニメ・マンガ

2018/01/03

記事を読む

【出演者】
宮田さん:宮田俊哉さん
足立さん:足立梨花さん
サンキューさん:サンキュータツオさん
石川さん:石川由依さん
渡辺アナ:渡辺ひとみアナウンサー


12月29日(土)午後2時から「ラジオマンガ~進撃の巨人 第二弾~」を放送します。オリエンタルラジオのお2人がアルミン役声優・井上麻里奈さんやマンガ大好きな吉木りささんと名シーンの生アテレコに挑戦! さらに「進撃の巨人」の魅力を語りつくします。

『ラジオマンガ 進撃の巨人 第二弾』公式ホームページはコチラ

この第二弾の放送に先立ち、1月に放送した第一弾を書き起こしで振り返ります!Kis-My-Ft2の宮田俊哉さんや、ミカサ役声優・石川由依さんが登場。作者の諌山創さんの貴重なインタビューもお楽しみいただけます。

『ラジオマンガ 進撃の巨人 第一弾』公式ホームページはコチラ


渡辺アナ: 宮田俊哉さん、足立梨花さん、石川由依さんに、「進撃の巨人」で心に残る名シーンを選んで頂きました。各テーマごとにふりわけた「名シーン」と共に「進撃の巨人」の魅力を掘り下げていきます。
サンキューさん: 多少の「ネタバレ」はあるかもしれませんが、あのこれはもう担当編集の方から、了承をいただいております。なので皆さん自己判断でお願い致します。
宮田さん: さぁここで紹介する漫画は、番組ホームページの「名シーン」にすべて掲載しています。【マンガを読む】ボタンを押すと、電子書籍のように、そのシーンが読めます。僕らもスタジオで同じ物を見てるので、皆さんも一緒に見てください。
渡辺アナ: 先ずは「進撃の巨人」のキャラクターにスポットを当てていきます。石川由依さんに選んでいただいた名シーンからご紹介いただきます。

ファンなら誰もが選ぶ名シーン!

石川さん: 私が選んだ名シーンは! 2巻・第6話「少女が見た世界」から、エレンが、ミカサにマフラーを巻いてくれるシーンです。
足立さん: あぁーいい~ん。
宮田さん: 最高~。
石川さん: ここ大好きなんですよ。
サンキューさん: これは「進撃の巨人」ファンなら皆が知ってるシーンなんですけど、ミカサと言うちょっとヒロイン的なポジションの女の子が、両親が自分の目の前で死ぬところを見て、もう本当に心が氷のようになってしまってるんですよね、そこにエレンとそのお父さんがやって来て、あたたかい言葉をかけてくれるわけなんですけれども、もう居場所がないと思っているこのミカサに対してですね、エレンがどう言う行動をとるのかそこがやっぱり見どころですね。
宮田さん: 最高のシーンですよね~。ぼくがちょっと石川さんにちょっとファンみたいな事聞いていいですか?
石川さん: はい、何でしょう?
宮田さん: 僕アニメで凄い見てまして。
石川さん: ありがとうございます。
宮田さん: このシーンアフレコの時どう演じたと言うか、どんな気持ちだったのか、この演技について聞きたいなぁと。
石川さん: どう演じた?難しいですね、声優の仕事としてはあのアニメ始まる前に、お家で先ず自分一人で練習をして、全員キャストの皆さんが集まって皆で収録をするんですね、いろいろ家で練習している時にどうやってやろうかなと考えるですけど、最終的にやっぱり分からないなぁてなって、スタジオに行って皆の声を聞いてなんか役に入り込むと言うか。
足立さん: 感じたままみたいな感じですか?
石川さん: そうですね、最終的にそこに委ねようかなと思って。
一同: へぇ~。
石川さん: もうエレンの声を聞いたりして、なんかすごいそれに感化されたりなんかして頑張って演じてます。
サンキューさん: 周りの人が重要ってことですね。
足立さん: なるほど。
石川さん: 皆で一緒に演じている感じですね。
宮田さん: へぇ~。
石川さん: 掛け合いしたりとかと言う。
宮田さん: こうやって作られてんだぁー。
一同: (笑)。
宮田さん: 知らなかったなぁ~。
足立さん: めちゃ嬉しそうな顔ですね!
宮田さん: めちゃ、嬉しすわぁ。
渡辺アナ: 早速、Twitterにこういうご意見もきてるんです。「ユン」さんから、「ピンとこないからサイトの画と説明見ながら聞くことにした」と言うことで。

番組HPに取り上げる名シーンが掲載されています。HPはこちら。

足立さん: それいいことかもしんない。
渡辺アナ: スタジオにもモニターあって皆で見てるんですよね。
宮田さん: 同じページを見てる事でしょう?
足立さん: 一緒にこの空間を共有できますからね。
渡辺アナ: それではせっかくですので、ミカサ役の石川由依さんに、スタジオで「生アテレコ」をしていただきたと思います。
足立さん: やばい!
渡辺アナ: このシーンでは、エレンも登場するのですけれども、エレンの役を、宮田さんにお願いできますでしょうか?

宮田俊哉、エレンを演じる!

宮田さん: やばい! やばい! やばい! それはやばい。ぜったいきもくなる!
足立さん: 是非! 是非! 是非!
宮田さん: ぜったいきもくなりますよ。
渡辺アナ: 是非お願します。
石川さん: お願いします。
渡辺アナ: こちらも担当編集の方から了承を頂いております。
宮田さん: いやぁー本当に、でもちょっと僕アニメ見ながらセリフの真似とかしたりするの好きなんで。
サンキューさん: おっ! すげぇ。
宮田さん: ちょっと。
石川さん: これは期待できる感じですか~。
宮田さん: 心臓捧げる覚悟で、やらせていただきます。
渡辺アナ: エレンのお父さんも登場するんですけれども、これをサンキュータツオさんにお願いしたいと。
サンキューさん: いやいやお断りしますよ。
足立さん: いやいや。
宮田さん: やってくださいよ。
サンキューさん: やったことないもん。
渡辺アナ: やりたい顔なさってる。
石川さん: お父さん必要なんです。
サンキューさん: やりたい顔てなんだ。
宮田さん: やりたい顔。
渡辺アナ: それでは、皆さん準備はよろしいでしょうか?
足立さん: 楽しみ。
渡辺アナ: ミカサ役・石川由依さん、エレン役・宮田俊哉さん、エレンの父グリシャ役・サンキュータツオさんによる「進撃の巨人」2巻・第6話「少女が見た世界」の名シーン、生アテレコです。

渡辺アナ: うつろな表情で、空を見つめるミカサ。
石川さん: イェーガ―先生、私は ここから どこに向かって帰ればいいの?
渡辺アナ: 驚いた表情の、エレンとエレンの父のグリシャ。
石川さん: 寒い 私には もう 帰る所がない。

渡辺アナ: 自分のマフラーを外し、ミカサの首にかけるエレン。
宮田さん: やるよ、これ あったかいだろ?
石川さん: あったかい。
渡辺アナ: 泣き出しそうになるミカサ。
サンキューさん: ミカサ、私たちの家で一緒に暮らそう。
石川さん: え。
サンキューさん: 辛いことがたくさんあった 君には十分な休息が必要だ。
渡辺アナ: 戸惑い、言葉を返せないミカサ。
石川さん:
宮田さん: なんだよ? ほら。
渡辺アナ: ミカサの腕をひく、エレン。

宮田さん: 早く帰ろうぜ、オレ達の家に。
石川さん: うん。帰る。

渡辺アナ: 皆さん、ありがとうございました。
宮田さん: やばい、やばい、やばい、プロやばい。
渡辺アナ: いかがでしたか、生アテレコは。
宮田さん: いや~。
渡辺アナ: 宮田さんどうですか?
宮田さん: めちゃ緊張しました。いや~なんなら僕今日あの赤いマフラーして。
一同: あああ~あああ~。
宮田さん: 実は。
足立さん: まさか。
宮田さん: 実は赤いマフラーを。
渡辺アナ: 手にマフラーをお持ちなんで。
宮田さん: そうそう「進撃の巨人」と言えばね、このマフラーなんで。
サンキューさん: そうマフラーを掛けてあげると言うね、人の心あったためるのに、その身体をあったためる道具を使うと言うのがね、すばらしいところで、最後はオレ達の家って言ってくれるところが。
足立さん: いやぁそれが、すごいですよ。
石川さん: 確かに、確かに。
サンキューさん: イケメン、エレン。
足立さん: それがさりげなくできるエレンがやっぱ凄いでしょう。
渡辺アナ: いやぁこのシーンね、Twitterでも皆さんもう大興奮で。
宮田さん: よかった。
渡辺アナ: どんどん来てます。
宮田さん: 頑張ってよかった。
渡辺アナ: 楽しかったですね
宮田さん: いやもう本当緊張して。
サンキューさん: はまってますよ
宮田さん: 本当すか 初めて、初めて東京ドームでコンサートやった時より緊張しましたから。
一同: (笑)。

ラジオマンガ「進撃の巨人③」につづく

Related Articles関連

Latest新着

トップページへ戻る