『進撃の巨人』の魅力を語る!①~宮田俊哉・石川由依・足立梨花~

ざっくり言うと
2018/01/03 ラジオマンガ
「進撃の巨人第二弾」の放送に向けて第一弾を振り返ります
声優・石川由依さんが登場。作者・諌山創さんの貴重なインタビューも!

アニメ・マンガ

2018/01/03

記事を読む

【出演者】
宮田さん:宮田俊哉さん
足立さん:足立梨花さん
サンキューさん:サンキュータツオさん
石川さん:石川由依さん
渡辺アナ:渡辺ひとみアナウンサー

【インタビュー】
諫山さん:諫山創さん


12月29日(土)午後2時から「ラジオマンガ~進撃の巨人 第二弾~」を放送します。オリエンタルラジオのお2人がアルミン役声優・井上麻里奈さんやマンガ大好きな吉木りささんと名シーンの生アテレコに挑戦! さらに「進撃の巨人」の魅力を語りつくします。

『ラジオマンガ 進撃の巨人 第二弾』公式ホームページはコチラ

この第二弾の放送に先立ち、1月に放送した第一弾を書き起こしで振り返ります! Kis-My-Ft2の宮田俊哉さんや、ミカサ役声優・石川由依さんが登場。作者の諫山創さんの貴重なインタビューもお楽しみいただけます。

『ラジオマンガ 進撃の巨人 第一弾』公式ホームページはコチラ

オープニング

渡辺アナ: ひとつのマンガ作品を取り上げて、徹底的に語り合う番組!「ラジオマンガ第二夜~進撃の巨人」。今夜のテーマは、アニメ化、映画化もされている大人気マンガ「進撃の巨人」です。この「進撃の巨人」をこよなく愛する出演者の方々を、ご紹介致しましょう。先ずは、Kis-My-Ft2の宮田俊哉さんです。
宮田さん: どうも~三度の飯よりアニメが好き、心臓を捧げに来ました宮田で~す。よろしくお願いします。
渡辺アナ: よろしくお願いします。そして、足立梨花さんです。
足立さん: はい、よろしくお願いします。前が凄すぎて何言っていいか分かんない、圧が。
宮田さん: 心臓を捧げておけば?
足立さん: 分かりました、心臓を捧げに来ました足立梨花です。よろしくお願いします。
渡辺アナ: 宜しくお願いします。さぁ続いてお笑いコンビ「米粒写経」として活動しながら、現在、一橋大学で日本語についての非常勤講師もつとめ、マンガ、アニメにも精通している、サンキュータツオさんです。
サンキューさん: はい、どうもご機嫌よう、まぁ僕の心臓は需要がないかもしれませんけど
渡辺アナ: そして、アニメ「進撃巨人」でミカサ役を演じられている声優の石川由依さんです。
石川さん: はーい、皆さん今晩はミカサアッカ―マン役を演じさせていただいてます、石川由依です。今日はよろしくお願い致しま~す。
一同: ウォー! (本物…等の叫び)
渡辺アナ: さぁ、早速ビッグニュースです。生放送中に石川さんが生アテレコをして下さるので、絶対絶対お聞き逃がしのなく~。
石川さん: 頑張ります。
渡辺アナ: スタジオがねぇもうワクワクしてます。さぁ、今日は「進撃の巨人」ファンの宮田俊哉さん、足立梨花さん、マンガアニメに精通しているサンキュータツオさん、そしてアニメでミカサ役の石川由依さんと言う、「進撃の巨人」のスペシャリスト達をおむかえしてお送りする、今夜の放送。「進撃の巨人」が好きな方はもちろん、作品をまだ知らない方がその魅力に気づく切っ掛けになるような番組に皆さんして行きましょうね~。
一同: お願します。
足立さん: ちなみに渡辺さんはどうですか?「進撃の巨人」。
渡辺アナ: 正直に言っていいですか皆さん、もちろんタイトルは知ってますけど、内容はあんまり知らないと言う、こんなMCでごめんなさい。
一同: いえいえ、いえいえ。
足立さん: ちょっと暴走し始めたら止めて下さいね。
渡辺アナ: 分かりました、いろいろ教えて下さいね皆さん。
サンキューさん: 渡辺さん国民の常識ですよ。
渡辺アナ: 常識知らずの渡辺ですいません。
サンキューさん: MCやってるんですから。
渡辺アナ: 今日は頑張ってついて行きます。
宮田さん: 知らないと言うラジオのリスナーさんもいらっしゃると思うんでね、渡辺さんやそう言うリスナーの方にも「進撃の巨人」の魅力が伝わる様に今日は頑張っていきましょう。
渡辺アナ: はい、ありがとうございます。さぁ、この番組はインターネットと連動してお送りしています。
宮田さん: はい、これから「進撃の巨人」について語り倒しますが、その「進撃の巨人」の漫画ページをですね、番組ホームページに掲載してます。パソコンやスマートフォンからアクセスして、僕らと一緒に漫画を見ながらお楽しみ下さい。
渡辺アナ: さて、「進撃の巨人」を愛する皆さま、なんと!原作者の諫山創(いさやま・はじめ)先生からメッセージが届いております。
一同: いゃー! (喜びの叫び)
渡辺アナ: こちらもお聞き下さい。

作者・諫山創さんインタビュー

諫山さん: 今晩は、諫山創です。kis-My-Ft2の宮田俊哉さん、足立梨花さん、そして毎度お世話になっています石川由依さん、今日は「進撃の巨人」を熱く語ってくれると言うことでありがとございます。えーそしてリスナーの皆さん、進撃読んでくれている方もそうでない方も是非聞いて頂きたいです。はい。

一同: オォー。
渡辺アナ: 作者諫山創先生、生声、メッセージでした。
足立さん: ワァー凄いうれしい。
宮田さん: 名前呼んでもらっちゃった
足立さん: あれ、あれ。
渡辺アナ: お忘れなきようにと言うことで、まだオープニングトークなんですけど、すでに皆さんの盛り上がりが凄い訳ですけれども、諫山先生からはこの他にもたくさんコメントを頂いております。さまざまな裏話を語って下さっていますのでお楽しみに。
一同: 今夜は、最後まで、全員心臓を捧げよう。

ミカサ役の石川由依さんがストーリーを紹介!

渡辺アナ: ここで「進撃の巨人」のスト―リを紹介していきたいと思います。せっかくですので、ミカサ役の石川由依さんにお願いいたします。
石川さん: はい、がんばります。
宮田さん: はい、番組のホームページですね、「キャラクター紹介」で登場人物が掲載されてます。僕らもそのページをスタジオで一緒に見てるので、皆さんも一緒に見ながら聞いて下さい。
渡辺アナ: では、石川さんお願いします。

石川さん: 「巨人たちがすべてを支配する世界。巨人の捕食対象である人類は、その身を守るため、四方に50メートルを超える壁を築き、外への自由と引き換えに、安全を確保していた。しかし、名ばかりの平和は、ある日突然、崩れ去る。60メートル級の超大型巨人の一撃により、平和を守ってきた壁が崩壊、穴から多くの巨人達が侵入し人類は滅亡の危機を迎える。」

渡辺アナ: はい。
一同: (感動の歓喜)
宮田さん: ミカサが紹介してくれるってなかなかないですよね。
足立さん: 息するの忘れてましたよね、今ね~。
石川さん: 伝わりましたかね~こんな物語となっております。
渡辺アナ: あっと言うまに世界にもう入りこんでしまいましたね。
宮田さん: 渡辺さんは分かりましたか? 一応?
足立さん: そうだそうだ。
渡辺アナ: あの~設定は分かりました。
一同: 良かった、良かった。
渡辺アナ: あの~続いて石川さんにその主要な登場人物の紹介もね、お願しようと思います。
サンキューさん: 渡辺さん良く聞いとって下さいよね。
渡辺アナ: 分かりました。
石川さん: 大事な人物沢山出て来ます。先ず。主人公「エレン・イェーガ―」。壁の外への世界への憧れと、巨人への憎しみから、調査兵団に入団した少年。肉体を巨人に変化させる能力を持っていますが、その由来を知りません。
サンキューさん: そうなんです、主人公なんですけど、なんかこう熱血漢ぽいところもあるが、実はなんか巨人になってしまうと言うちょっと敵側にもなる能力を持ってると言う不思議な、他に類を見ない主人公ですね。
石川さん: そして、私が演じる「ミカサ・アッカ―マン」。訓練兵を首席で卒業した逸材の少女。幼い日に両親を目の前で失いますが、エレンにより救われます。
サンキューさん: そうなんですよ、もうこの鉄のようなね、もう氷のような顔をしているにもかかわらず、わりと熱いハートを持った女性ですね。ヒロイン的な扱いですね。
石川さん: そして、「アルミン・アルレルト」。エレン・ミカサの幼なじみの少年。運動能力は低いものの、鋭い観察力と洞察力を兼ね備え、作戦立案に非凡な才能を発揮します。
サンキューさん: うん! アルミンと言うね、まぁだいたい名前の頭の方を皆呼んでます。エレンとかミカサとかアルミンとか、そう言う呼び方してますんで、お忘れなく。はい。
石川さん: そして、大人気「リヴァイ」。優れた身体能力を持ち、目にも見えないほどのスピードで巨人を一網打尽。人類最強と言われている兵士長。
足立さん: 格好いい。
サンキューさん: もうこれは、会社で言ったらもうめちゃめちゃできる上司みたいなもん。
石川さん: はい。
サンキューさん: さぁここまで渡辺さん、気になった分からないところありますか?
渡辺アナ: どうして巨人は人間を襲うんですか?
サンキューさん: それは分からないまんまずっと話が進むんですよ、とにかく巨人が攻めて来る。
渡辺アナ: 良い巨人は居ないんですか?
サンキューさん: 巨人の中にもいろんなサイズの巨人がいてコミニケーション取れないと思っていたんですが、中に人類側の言葉を理解したりする巨人がいるって言うことがなんとなく分かってくるんですよね。
渡辺アナ: じゃ人間同士も全員味方のわけじゃないってことですか?
サンキューさん: そうなんです。実はエレンも巨人になる能力って言うのがあるんですけど、他にも巨人になる能力がある人がいる。けれども皆の前では発表はしていないので、誰が巨人なのか、もしかしたら巨人を倒すチームの中にも巨人になる能力を持っている人がいるとか、て言うような。
渡辺アナ: なんか犯人探しみたいな要素も。
サンキューさん: まぁそうですね。と言うことは巨人の目的は何かと言うこともよく分からないけど、とにかく巨人と人類が戦う。
渡辺アナ: どうやって戦うんですか?
サンキューさん: 巨人には唯つひとつだけ弱点があって、首の後ろ。
足立さん: うなじの辺りですね。
サンキューさん: ここを切り取ると巨人が倒れる、死ぬって言うことだけは分かってるんです。
石川さん: 立体機動装置を使ってね。
渡辺アナ: 立体機動装置?
サンキューさん: 人間のサイズだとそこまで行けないじゃないですか。
渡辺アナ: 確かに。
サンキューさん: 立体的に跳べる装置を付けないと行けない、大きいロボットを作るとかじゃなくて、直接跳んで。
渡辺アナ: うなじを狙う。
サンキューさん: そうです。そこをもうカットすると言うね、そう言う戦い方をするんですけど、それが上手い人とかもいるんですよまた。
渡辺アナ: なんかちょっとでも私の質問攻めでもう番組が終わっちゃうそうなんで。
一同: (笑)。
サンキューさん: ここまで分かれば十分です。

ラジオマンガ「進撃の巨人②」につづく

Related Articles関連

Latest新着

トップページへ戻る