おろしあんかけかき揚げレシピ

きじまりゅうたさんが今回のために考案した江戸風かき揚げ丼。具はシンプルに三つ葉とえびだけ。揚げ油にも一部ごま油を使って作ります。揚げ物は億劫…という方でも、普通の天ぷらを作るより少ない油で、お店のような味のかき揚げがご家庭でも!男性でも!手軽に出来ます。大根おろしを加えたあんかけ風のだしにすることで、だし汁が多くサラサラ~っといただけます。サクサクのかき揚げ、濃厚鰹だしの甘辛いながらもさっぱりのたれ、白いごはんの絶妙なバランスの江戸風丼が空腹を満たしてくれるはずです。さぁ、がっついて召し上がれ~。

材料(4人分)

  • ご飯4膳
  • むきえび150g
  • 三つ葉1パック
  • 小麦粉大さじ3
  • 片栗粉大さじ2
  • 冷水80cc
  • A〈サラダ油300cc ごま油100cc〉※26cmのフライパン使用の時、1cm程度の深さ
  • おろしあん
  • 大根200g
  • みりん大さじ2
  • B〈だし汁250cc(水250cc強・昆布5cm角・鰹節5g)醤油大さじ3 砂糖大さじ1〉
  • 水溶き片栗粉〈片栗粉 大さじ1/2 水 大さじ1〉

作り方

  1. 1.だし汁をとる。昆布を鍋にいれて水を注ぎ30分間ほど置く。火にかけ、沸騰しそうになったら鰹節を入れて、ごく弱火で5分ほど煮る。火を止めて落ち着いたらこす。
  2. ポイント☆5分程煮出すことで、力強い旨味の鰹出汁が取れます!
  3. 2. 大根をすりおろし、おろしたものをザルにあけて、大根おろしとおろし汁に分ける。
  4. 3.鍋にみりんを入れて沸騰させて煮きり、Bと2のおろし汁のみを加えて、再び沸騰したら水溶き片栗粉 を加えてとろみをつけて火を止めておく。
  5. 4.三つ葉は3cm程度の長さに切り、ボウルにむきえび、小麦粉、片栗粉を加えて全体に粉をまぶしてから、冷水を加えてざっくりと混ぜる。
  6. ポイント☆粉を全体にまぶしてから、冷水を加えます。冷水を加えたら混ぜすぎないこと!
  7. 5.フライパンにAを入れて高めの中温に熱し(180℃程度)、ボウルの中で4等分に分けて、一つずつ小皿を使いながら、熱した揚げ油に入れ
  8. ポイント☆立ち上がりの浅い小皿に油を付けて、具を乗せ、滑り入れるように入れると形が整いやすくなります! また、高温の方がカラリと揚がりやすくなります。
  9. 6.2分間程したら、スプーンなどで油に浸っていない部分にも油をかけて全体に火を通し(1分半程度)、
  10. 揚げバットなどに取り出して、余分な油をきる。
  11. 7.3に2の大根おろしを入れて、おろしあんにする。 ポイント☆大根おろしのフレッシュさを生かすため、あんに加えるのは食べる直前で!
  12. 8.ご飯に7をかけ、かき揚げをのせて、再び7をかけてできあがり!