NHKラジオブログ
ラジオの魅力をお伝えします

ブログトップ > 【書き起こし】「ティラノサウルスを草食恐竜で倒すには?」

【書き起こし】「ティラノサウルスを草食恐竜で倒すには?」

番組スタッフ

投稿日時:7月31日 (火) 午後 7時09分

kodomoq_180731-1_thumb.jpg

7月31日(火) 午前10時47分頃~10時55分頃放送

出演
山田敦子 アナウンサー
小林快次 先生(北海道大学総合博物館 准教授)
川上和人 先生(森林総合研究所 主任研究員)
こうたろうくん:質問者

子どもと先生のやり取りを聴く [2018年8月31日(金)午後11:59配信終了 ]


山田アナ:さて、続いてのお電話です。こんにちは。

こうたろうくん:こんにちは。

山田アナ:はい。お名前を教えてください。

こうたろうくん:まつざわこうたろうです。

山田アナ:何年生ですか。

こうたろうくん:1年生です。

山田アナ:おうちは何県ですか。

こうたろうくん:埼玉県です。

山田アナ:こうたろうくんの聞きたいことは、どういうことですか。

こうたろうくん:植物食の翼竜はいますか。自由研究で、恐竜のバージョンの桃太郎のお話を考えています。植物食恐竜たちがティラノサウルスを倒しにいくお話です。おとものキジの代わりになる植物食の恐竜、翼竜が思いつきません。植物食恐竜の仲間にするなら、小林先生は、なにがいいと思いますか。

山田アナ:ん? 自由研究で、桃太郎の、恐竜バージョンのお話?

こうたろうくん:うん。

山田アナ:じゃあ、桃太郎はこうたろうくんなの?

こうたろうくん:え?

山田アナ:桃太郎になっているのは、こうたろうくんなの?

こうたろうくん:そういう意味じゃなくて…本でちょっと、桃太郎っぽくしてるから。

山田アナ:桃太郎っぽくしてるんだ。で、鬼はティラノサウルスがいて、それを植物食の恐竜たちが桃太郎みたいに倒しにいく、というお話を考えてるんだね。

こうたろうくん:うん。

山田アナ:で、キジの代わりが見つからない、ということね。

こうたろうくん:そういうこと。

山田アナ:わかりました。小林先生、いい恐竜はいるでしょうか。

小林先生:こうたろうくん、こんにちは。

こうたろうくん:こんにちは。

小林先生:いや、なかなか難しい質問ですね。じゃあ、キジ以外は、もう決まってるんだ? どの恐竜にするか。

こうたろうくん:うん。

小林先生:イヌとサルの代わりは、なににする?

こうたろうくん:えっと、イヌとサルの代わりが、トリケラトプスとアンキロサウルス。

小林先生:ああ、いいとこいくね。あと、パキケファロサウルスなんかもいいんじゃない? 頭突きでドーンっていうのは。

こうたろうくん:あ、パキケファロサウルス。えっと、あまり思いつかないから、入れてるんだけど。

小林先生:そうか。いいかもよ、もしかしたら。で、肝心なのは、空を飛ぶやつだよね。

こうたろうくん:うん。

小林先生:で、翼竜…植物食じゃなきゃいけないんだ。

こうたろうくん:うん。そのほうが、なんか、いいかなって。

小林先生:翼竜は基本的に、昆虫食べたり魚食べたり、あと小さい動物を食べたりするから、植物食の翼竜っていうのは、なかなか難しいし…

こうたろうくん:うん。

小林先生:やっぱり、飛ばなきゃいけないよね。

こうたろうくん:うん。

小林先生:飛ばなきゃいけないのか…

こうたろうくん:翼竜じゃなくてもいいかもしれないけど。

小林先生:翼竜じゃなくても、よくて…?

こうたろうくん:飛ぶ、やつ。

小林先生:ただほら、恐竜で飛ぶやつって、ミクロラプトルとかアンキオルニスとかいるんだけど、彼らはどっちかっていうと肉食系だもんね。

こうたろうくん:うん。

小林先生:難しいね…飛ばなくてもいいなら、たとえばオヴィラプトルとかいいかな、って思ったんだけどね。植物食で、翼もあって、飛ぶ直前までいってるから。それでもいいかな、とか思ったんだけど、それじゃだめなんだ。

こうたろうくん:うん…ないなら、しょうがないかな。

小林先生:恐竜の先生から見ると、オヴィラプトルがいいかな、と思うんですけど…まあ、どうだろう。鳥って恐竜だから。そういう意味では、川上先生、恐竜だから、別にどの鳥でもいいかな、って思うんですけど。

川上先生:そうですね。あの、鳥じゃだめですか。

こうたろうくん:鳥はさすがにちょっと…

川上先生:鳥はちょっとちがうよね、ごめんね。

小林先生:鳥、恐竜だから。鳥は恐竜だよ、だって。

川上先生:ごめんね、鳥はちょっとちがうか。恐竜にくらべて鳥のほうが進化して、ちょっと現代的すぎるからね。

こうたろうくん:うん。

小林先生:難しいな…じゃあ、オヴィラプトルでちょっと妥協してもらっていいかな。

山田アナ:先生、オヴィラプトルってどういう恐竜ですか。

小林先生:オウムトカゲなんていわれていて、クチバシがあって歯がないんですよね。だから見た目がちょっと鳥っぽいのと、植物を食べていて…あんまり強くはないと思うので、手助けにはならないと思うんですけど。翼はあるので。

山田アナ:翼はある?

小林先生:翼があります。それでこう、ティラノサウルスの前でダンスして、気をまぎらわせているあいだに、アンキロサウルスとかパキリノサウルスとか、トリケラトプスでとどめをさす、っていうのはどうですか。

山田アナ:トリケラトプスっていうのは。

小林先生:角があって、それで攻撃できます。アンキロサウルスっていうのは、しっぽにコブがあるんですね。ハンマーみたいにして、ガーンってできる。パキケファロサウルスは、頭がヘルメットみたいな形をしてますので、それでやるっていうのはいいですね。あとやっぱり、鳥に近い恐竜っていうのは翼があって、交配相手とかと、鳥みたいにダンスしたか…わからないですけど、そういうようなことも十分ありえたと思うんで。派手な色で、もしかしたらティラノサウルスの気をそらすっていうのも、あったかもしれないですね。なかなか難しい問題ですね。

川上先生:翼竜のなかであれば、確か小型の翼竜で植物食のやつはいますよね。

小林先生:でも小さすぎて…あんまり助けにならないような気がするんですけどね。

川上先生:飛べるほうを優先するか、助けになるのを優先するか、どっちのほうがいいですか。

こうたろうくん:うん…助けになるほうの、ギガントラプトルにしようかな。

小林先生:ギガントラプトルだったら、ギガントラプトルで勝っちゃうよ、ティラノに。それはそれでいいかもね。

山田アナ:なになに? それは大きいんですか。

小林先生:ギガントラプトルって、すごくでかいオヴィラプトルの仲間なんですけど、あれはかなり巨大ですね。8メートルで、けっこうでかいので。それでやっちゃえば、勝っちゃうね。

こうたろうくん:うん。

小林先生:いいと思うよ、ギガントラプトル。

山田アナ:ギガントラプトル…それも翼がある?

小林先生:証拠はないけど、その仲間には、だいたい翼があると考えられているんで。けっこう大きいですね。

山田アナ:ちょっとキジっぽいというか、鳥っぽいというか。

小林先生:見た目は鳥に近いといえば近いですね…いいと思うよ。ギガントラプトル、いこう。

こうたろうくん:うん。

山田アナ:こうたろうくん、それで決まった? だいじょうぶ?

こうたろうくん:うん。

山田アナ:そうすると…イヌが、トリケラトプス?

こうたろうくん:うん。

山田アナ:サルは?

こうたろうくん:サルが、アンキロサウルス。

山田アナ:キジが?

こうたろうくん:ギガントラプトル。

山田アナ:これ、そろえばティラノサウルスに勝てますか、先生?

小林先生:勝てないと思います。

山田アナ:あれ?

小林先生:なぜなら、ティラノサウルスは超肉食なんで。なかなか凶暴だと思いますね。これはかなり作戦を立てて…こうたろうくん、かなりストーリーを考えないと、ティラノサウルスの攻略方法を考えないと、なかなか難しいんじゃないかな。

こうたろうくん:はあ。

小林先生:ストーリーちゃんとつくってみて、1回。もしかしたらね、パキケファロサウルス、いいかもよ。サルの代わりに、すばやい動きで、ドンと脚をやっつけるっていう。脚がいいんじゃないか、ティラノサウルスを攻撃するんだったら。倒しちゃえば、からだが大きいから、なかなか起きあがれないでしょう。だから、脚を攻撃できるような、パキケファロサウルスでアンキロサウルスなんていいと思うよ。

こうたろうくん:うん。

山田アナ:こうたろうくん、いいですか。

こうたろうくん:はい。

山田アナ:作戦を立てて。必勝する作戦を立ててみてください。

こうたろうくん:はい。

山田アナ:はい。お電話、どうもありがとう。

こうたろうくん:あ。小林先生。

小林先生:はい。

こうたろうくん:ぼくも小林先生と発掘にいけるようにがんばります。

小林先生:がんばろう。待ってます。

山田アナ:お電話ありがとうございました。

こうたろうくん:はい。

子どもと先生のやり取りを聴く [2018年8月31日(金)午後11:59配信終了]

番組情報
夏休み子ども科学電話相談番組HP
夏休み子ども科学電話相談 聴き逃し配信HP
7月23日〜8月3日/8月23日〜8月31日(※土日はお休みです。)  午前8時05分〜11時50分