NHKラジオブログ
ラジオの魅力をお伝えします

ブログトップ > 【9月13日放送】ジャーナルスポーツ「女子バレーボール世界選手権」

【9月13日放送】ジャーナルスポーツ「女子バレーボール世界選手権」

番組スタッフ

投稿日時:9月19日 (水) 午後 4時46分

今夜の「ジャーナルスポーツ」は、女子バレーボール世界選手権の見どころについて、元全日本代表の大山加奈さんにお話を伺いました。

journalsports_180919_photo1.jpg

(中央が大山加奈さん)

世界選手権はオリンピックやワールドカップと並んで、各大陸の厳しい予選を勝ち抜いた24か国が世界一
を目指す、バレーボール選手にとって重要な大会。2年後に迫った東京オリンピックへ向けて、世界の勢力図がどのようになっているのか、また、新戦力となる選手が出てきているのかがわかります。
現在の全日本女子について大山さんは「それぞれのポジションで抜きん出ている選手がいないため、選手の組み合わせによって、戦力にバラつきが出てくる。」「かつて全日本女子の絶対的エースだった木村沙織選手のような選手の台頭が待たれる」と話していらっしゃいました。
そんな中、今の全日本女子のメンバーで、大山さんが最も期待する選手が、高校の後輩でもある20歳の黒後 愛(くろご・あい)選手。現役時代"パワフル・カナ"の愛称で強烈なスパイクで活躍された大山さんをも凌ぐポテンシャルの持ち主とのことで「彼女のスパイクはとても強烈なので、試合を観るときにはその音にも注目して観てください」と、大山さんは話していらっしゃいました。
また、大山さんおススメの試合観戦は「バレーボールコートを縦から観ること」。普段テレビ中継では、横から映した映像が多いバレーボールですが、コートエンドと呼ばれる位置から縦に観る事で、ボールの回転や、迫力ある選手の動きがダイレクトに伝わってくるのだそうです。
今年のジャカルタ・アジア大会では金メダルを狙って戦ったにもかかわらず、中国、韓国、タイに続いて4位に終わった全日本女子。今回の世界選手権では表彰台を目指して、選手達の奮起を期待しましょう!

番組情報
NHKジャーナル番組HP
平日 午後10時00分~11時10分 生放送
キャスター:山田康弘、菅野真美恵
ニュースデスク : 森田智之