NHKラジオブログ
ラジオの魅力をお伝えします

ブログトップ > 【2月28日放送】 ジャーナル医療健康 「目が見えにくい高齢者へのサポート」

【2月28日放送】 ジャーナル医療健康 「目が見えにくい高齢者へのサポート」

番組スタッフ

投稿日時:3月 4日 (日) 午後 6時00分

毎週水曜日に放送している"ジャーナル医療健康"。
2月28日のゲストは、埼玉県越谷市の松田和子さんでした。(写真中央)
松田さんは約20年前、50歳の時に不慮の事故で失明しました。その後、視覚障がい者の相談や生活支援を行うNPO法人の理事長として活動しています。

journal_180304_photo1.jpg

去年秋には、家庭や医療福祉の現場などで使ってもらおうと、サポートガイド「あるっく」(A LOOK)を製作しました。歩く・座る・車の乗り降りなどの移動介助から、食事・入浴・トイレの案内、お金のやりとりまで、生活のシーンにあわせたサポート方法を動画で解説。目指しているのは目が不自由な高齢者の生活の質の向上です。
加齢に伴って視力低下や視野が狭くなることは珍しいことではありませんが、介護施設や病院から、「誘導の仕方や声のかけ方がわからない」といった相談が多く寄せられているそうです。
松田さんは、「目が不自由な高齢者は増えていきます。周りの少しの手助けがあれば、自分でできることが増え、自分らしく生活することもできます。全国の人にDVDを見てもらい、見えない・見えにくい人への介助の仕方を知ってほしいです」と話していました。
松田さんのインタビューは、『らじる★らじる』の聴き逃しサービスでは放送後1週間、 『NHKジャーナル』のホームページでは放送後2週間聴くことができます。
http://www.nhk.or.jp/r1/journal/streaming/index.html

<DVD「あるっく」 問い合わせ先>
詳しくは、越谷市の「NPO法人 視覚障がい者支援協会・ひかりの森」のホームページをご覧ください。
また「You Tube」で、DVDの一部をご紹介しています。

journal_180304_photo2.jpg
番組情報
NHKジャーナル番組HP
平日 午後10時00分~11時10分 生放送
キャスター:山田康弘、菅野真美恵
ニュースデスク : 岩本 裕、西川拓之介