NHKラジオブログ
ラジオの魅力をお伝えします

ブログトップ > 【11月10日放送】ジャーナル文化流行「対決!ミニ・ビブリオバトル」

【11月10日放送】ジャーナル文化流行「対決!ミニ・ビブリオバトル」

番組スタッフ

投稿日時:11月22日 (水) 午後 7時40分

毎週金曜日に放送する「ジャーナル文化流行」。11月10日は「対決!ミニ・ビブリオバトル」をお届けしました。発表者が読んで面白いと思った本を、3分という制限時間内に紹介しあい、リスナーの皆さんが読みたいと思った本に投票する「ミニ・ビブリオバトル」。今回で7回目となりました。

journal_171122_photo1.jpg

今回のテーマは「食」。3連勝中の会社員で書店員の安村正也さんに、会社員・山口真由さんが挑戦しました。

journal_171122_photo2.jpg

安村さん(左)が選んだ本は野瀬 泰申著「食品サンプルの誕生」(ちくま文庫)。挑戦者の山口さんが、中本 忠子・食べて語ろう会の「ちゃんと食べとる?」(小鳥書房)。結果は、山口さんがチャンプ本を獲得となりました。非常に僅差となった今回のバトル、たくさんの投票ありがとうございました。

journal_171122_photo3.jpg

山口さんがプレゼンした「ちゃんと食べとる?」は一般書店では入手が難しい本です。出版社に問い合わせるか、大型通販サイトで探すと、入手できるようです。

お二人の感想です。

山口真由さん

先日は喉の調子が悪い中の発表で大変恐縮でしたが、Twitterなどで多くの方からお大事にとお気遣いいただき、改めてビブリオバトルは本の紹介をするだけではなく人と人もつないでくれるゲームだなと感じました。また、この発表を通して出版社の方からも人づてにお礼のご連絡をいただきました。大好きな本で誰かに喜んでいただくことも発表のモチベーションにつながるので、次回もそういった発表を意識しつつ、楽しみながら参加できればと思います。
発表を聴いてくださった方、わずか6分の間に投票してくださった方々に改めて御礼申し上げます。

安村正也さん

素人が3分間ラジオで誰にも邪魔されずしゃべっていいという貴重な経験を4回もさせていただき、誠にありがとうございました。ふだんのビブリオバトルと同様、お聴きになる方がどういう層なのかを想像しながら毎回選書しておりましたが、特に意識したのは「一度耳にしただけで内容が思い浮かぶ、覚えやすいタイトルの本を選ぶ」ということでした。そして、投票される方が実際の本を見ることができないことから、あえて表紙や中に掲載されている写真などにも触れるようにしていました。自分が読んで面白かった本を、どうすれば更に面白そうに紹介できるかを改めて考えるいい機会になったと思います。
コーナーが30年くらい続き、私が寿命を迎える前にまた呼んでいただければ光栄です。ありがとうございました。

ビブリオバトルに興味を持った方は下記のHPへ。開催情報などが掲載されています。
http://www.bibliobattle.jp/

番組情報
NHKジャーナル番組HP
平日 午後10時00分~11時10分 生放送
キャスター:山田康弘、菅野真美恵
ニュースデスク : 岩本 裕、西川拓之介