嘘なんてひとつもないの

ドラマのみどころ

CMプランナー・篠原誠の原案によるちょっと不思議な物語。

「嘘」に傷ついてコミュニケーション恐怖症に陥った主人公・真(まこと)が、「ドッキリ番組」の女の子・真琴にだまされながら「嘘の中の真(まこと)」に触れ、再びこの嘘まみれの世界に自分の足で立って生きる一歩を踏み出していく物語。

原案はCMプランナー&クリエイティブディレクターとして、いま巷で話題のCMを数多く手がける篠原誠。シリーズもののCMさながらの、意表を突く展開に注目です。また脚本(藤本匡太)、演出(萩原健太郎)はサンダンス・インスティテュート/NHK賞受賞コンビで、ともにまだ30 代半ばの若さ。NHKドラマが初めて出会う才能が結集し、スタイリッシュかつメッセージ性の高いドラマをお届けします。

ATP賞 奨励賞受賞に寄せて…制作者からのメッセージ

2017年6月9日(金)掲載

原案・脚本 篠原誠

今回、初めてドラマの原案と脚本を担当させていただきました。
普段は長くても3分くらいの広告しかつくっていない私からするとすべてが新鮮でした。すべてはご一緒していただいたみなさんのおかげです。
ありがとうございました!

脚本 藤本匡太

主人公と視聴者の方々を、1話からは想像もできないゴールにたどり着かせたい、という想いで脚本を書かせて頂きました。
脚本だけでなく、全ての工程でチャレンジ精神と愛情が込められたこの作品を評価して頂けたことは、本当に嬉しいです。

演出 萩原健太郎

え、これってドッキリではないですよね?信じていいんですよね?初めての連続ドラマでこのような賞をいただけて大変光栄です。「テッテレ~」が聞こえて来た時に備えて、ひっそりと喜びを噛み締めます。

番組情報/制作スタッフ

【放送予定】
2017年3月7日(火)スタート(連続4回)
BSプレミアム 毎週火曜日 よる11時15分から11時44分

【出演】
須賀健太 石井杏奈 戸田菜穂 ほか

【原案】
篠原誠

【脚本】
藤本匡太 篠原誠

【音楽】
王舟

【主題歌】
OKAMOTO'S 「時差」

【演出】
萩原健太郎

【制作統括】
篠原圭(NHK) 陸田元一(NHKエンタープライズ) 小澤祐治(ギークピクチュアズ)

ご感想掲示板

【投稿データの読み込み中】
投稿件数が多い場合、表示までに時間がかかります。データが表示されない場合は、再読み込み・キャッシュの削除をお試しください。
掲示板を読む

「嘘なんてひとつもないの」のサイトをすべて表示するためには、JavaScript対応のブラウザが必要です。