2015年バックナンバー

2016年1月8日放送 「横浜 オールナイトでとんかつを」

横浜 オールナイトでとんかつを

横浜の歓楽街にある24時間営業のとんかつ屋が舞台。早朝から深夜まで、さまざまな人が肉をほおばりにやってくる。精をつけてネオン街に向かうという男性。飲みの締めにきたキャバクラ嬢。徹夜仕事を終え、明け方ひと息つく男性の姿もある。マンションの高騰や大企業の利益増加など派手なニュースも飛び交った2015年。人々はどんな年の瀬を迎えているのか。不夜城のとんかつ屋で3日間、悲喜こもごもの人間模様を見つめた。


2016年1月15日放送 「東京かっぱ橋 食の道具街で」

東京かっぱ橋 食の道具街で

東京の下町、合羽橋にある「道具街」が舞台。和洋中の調理器具から漆器、食品サンプルまで、食に関する道具が何でもそろう世界でも珍しい専門店街だ。包丁を吟味するプロの料理人や、独立して開業するための器具一式を買いそろえる若者の目は真剣そのもの。結婚や上京などの転機を迎えた人たちが手に取る道具の向こう側には、それぞれの人生が見えてくる。170店が並ぶ日本一の道具の街で3日間、みんなの買い物をのぞいてみた。


2016年1月22日放送 「札幌 聖夜のバスターミナル」

札幌 聖夜のバスターミナル

クリスマスを迎えた大都市、札幌。その玄関口となっている高速バスターミナルが今回の舞台。北海道に点在する町と札幌を結ぶ長距離バス。料金が割安なこともあり早朝から深夜まで多くの人が利用する。彼女とイブを過ごすため5時間バスに揺られてきた若者。年老いた親の面倒をみるため数百キロ離れた実家に通う女性。夜行バスで出張する忙しいサラリーマンの姿もある。真冬のターミナルで3日間、それぞれの旅の事情に耳を傾けた。


2016年1月29日放送 「東京タワーで見る初夢は」

東京タワーで見る初夢は

年越しのときを迎えた東京タワーが今回の舞台。初日の出をおがみ、展望台にある神社に願い事をする人たちが数多くやってくる。今年こそフィアンセに出会いたいと祈るOL。子どものすこやかな成長を望む家族連れ。世界の平和を願う外国人。そして屋外では、仕事での飛躍を期す若者が北風に耐えながら非常階段を上る。大みそかから正月にかけての3日間、天空のタワーに交錯するそれぞれの新年の夢。人々にその胸の内を聞いてみた。


2016年2月19日放送 「大阪・天神橋筋 商店街のベンチにて」

大阪・天神橋筋 商店街のベンチにて

日本一長いといわれる一本筋の商店街、天神橋筋商店街。今回の舞台は、その片隅にあるベンチだ。座る人が絶えないこのベンチで3日間、訪れる人の話に耳を傾けると、実にさまざまな人間ドラマが浮かび上がってくる。ドキドキして待ち合わせする人、仕事場代わりに使う人、道行く人をながめ、人間観察する人…。皆、このベンチで一息入れ、笑い、そしてまた立ち上がって歩み始める。人々が羽を休める不思議なベンチの72時間。


2016年2月26日放送 「真冬の東京 その名は“はな子”」

真冬の東京 その名は“はな子”

東京・吉祥寺の小さな動物園に、日本最高齢のゾウがいる。名は“はな子”。戦後まもなくタイからやってきた。69歳のはな子の前には、実にさまざまな人がやってくる。皆、はな子の巨体に思いを重ね、口々に呼びかける。人々をひきつけてやまない不思議なゾウ。孤独を受け入れ、歯が1本になるまで年老いても毎日広場に立ち続ける。はな子から、少しの元気をもらって一歩を踏み出す人々。真冬の動物園で3日間、その声に耳を傾ける。


2016年3月4日放送 「冬・津軽 100円の温泉で」

冬・津軽 100円の温泉で

雪深い津軽平野の田んぼのまん中に、わずか100円で入ることができる源泉かけ流しの銭湯「100円温泉」がある。ここでは、先に湯につかっている人に硬貨を見せて料金箱に入れるのがルール。朝5時から湯につかる高齢者や、夕方仕事帰りに一風呂浴びる若者、よもやま話に花を咲かせる主婦たちなどさまざまな人たちが集う。身も心も温めてくれる小さな温泉を舞台に、厳しい寒さの中で支え合い生きていく津軽の人間模様をみつめる。


2016年3月18日放送 「恋に恋して バレンタイン神社」

恋に恋して バレンタイン神社

全国でも珍しい、恋の神様をまつる神社が福岡にある。参道や鳥居もハートであふれるこの神社には、恋愛成就、結婚祈願、夫婦円満を願う人々が全国各地からやってくる。バレンタインデーには、千人を超える参拝客が押し寄せる。ここで最近目立つのは「異性に恋をしたことがない」という人たち。理想の出会いを願って「恋に恋する」人々が祈りをささげる。バレンタインデーまでの3日間、恋の神様に託すさまざまな思いに耳を傾ける。


2016年4月1日放送 「日韓72時間 くらべちゃいましたSP」

日韓72時間 くらべちゃいましたSP

韓国に、日本の「ドキュメント72時間」と同じ定点観測番組がある。その名も「ドキュメンタリー3日間」。今回はその「3日間」とのコラボ企画。日韓のクルーがそれぞれ海外に飛び出し、世界の3日間をロケ。韓国KBSは中国にある「世界最大の中国料理店」の3日間を撮影、NHKは昨年放送した「ニューヨークコインランドリー劇場」を特別編集で紹介。番組ウォッチャーの鈴木おさむさんと鈴木杏さんが日韓72時間を熱く語る。


2016年4月8日放送 「昭和歌謡に引き寄せられて」

昭和歌謡に引き寄せられて

東京・新宿にある昭和歌謡の専門店が舞台。アイドルの曲に人生を重ねる中高年、明快な曲や歌詞に新たな魅力を発見する若者、昭和のリズムに夢中となる外国人など実にさまざまな人々が訪れる。店に並ぶレコードやCDは3万曲。レアな曲には数万円の値段がつくことも。新作CDの売り上げが伸び悩む中、再び注目を集める昭和歌謡。人々はそこにどんな思いを託すのか?懐かしの名曲とともに歌に投影された人間模様を72時間見つめる。


2016年4月15日放送 「大都会 犬と猫のシェルターで」

大都会 犬と猫のシェルターで

東京・代々木の小さなビルに、保健所にいた犬や猫などを引き取って保護する「動物シェルター」がある。これまで1300匹の動物を保護してきた。ここにやってくるのは訳ありの犬や猫たち。高齢で飼えなくなった人や、引っ越しで手放さざるを得ない人など、事情はさまざま。一方で月に一度開かれる「譲渡会」には、ペットを引き取りたいという人が押し寄せる。人とペットが映し出す社会の今を3日間見つめる。


2016年4月22日放送 「さらば!俺たちの船橋オート」

さらば!俺たちの船橋オート

時速150キロでバイクが疾走する競技、オートレース。今回の舞台は生誕の地「船橋オート」。この伝統のレース場が先月、65年の歴史に幕を下ろした。最後のレースが開かれた3日間に密着。あの有名レーサーの登場に観客騒然。白熱のレースに空前の盛り上がりを見せる。親子2代で通う強者からイケメンレーサーの追っかけ、名物モツ煮込み目当ての客など、様々な人々が押し寄せる。ラスト72時間、想像を絶するドラマが起こる!


2016年4月29日放送 「秋田 真冬の自販機の前で・惜別編」

秋田 真冬の自販機の前で・惜別編

秋田港の商店にある一杯200円のうどん自販機。去年3月、そこに集う人々の様々な人間模様を追った72時間を放送したところ、予想を超える反響が寄せられ視聴者の人気投票でも年間1位となった。この自販機が商店の営業終了に伴って撤去されることに。すると地元だけでなく、全国各地から多くの人々が自販機のもとへ殺到した。そこで今回は、撤去までのドキュメントや前回出会った人たちのその後を交え、30分の拡大版で放送!


2016年5月6日放送 「北のどんぶり飯物語」

北のどんぶり飯物語

仙台にある24時間営業の大衆食堂が今回の舞台。キャッチフレーズは「生まれたときからどんぶり飯」。コメ好きの人たちにとっての楽園だ。どんぶり飯は普通のご飯茶碗の4杯分という豪快さで、長年地元の人たちの胃袋を満たしてきた。震災以降は、故郷に家族を残し復興工事に携わる人たちの食卓代わりともなっている。震災から5年、生活の再建もままならない現実の中で、人々はどんぶり飯を前に何を思うのか。3日間耳を傾けた。


2016年5月13日放送 「異国でハンコをたずさえて」

異国でハンコをたずさえて

コリアンタウン新大久保の老舗ハンコ店が舞台。やってくる客のほとんどが外国人だ。日本で暮らす上で利用する場面の多いハンコ。新生活が始まる4月、このハンコ店には多くの外国人が駆け込んでくる。日本の「ハンコ文化」に戸惑いながらも、夢を追い新たな一歩を踏み出そうとする外国人たち。一本のハンコから、じわりと国際化が進む日本の現実を見つめる72時間。


2016年5月20日放送 「群馬 伊勢崎 いつものフードコートで」

群馬 伊勢崎 いつものフードコートで

だだっ広い平野がどこまでも続く群馬、伊勢崎。その畑の中に突如、宇宙船のような巨大ショッピングモールが現れた。今回の舞台は、その中で最もにぎわう場所“フードコート”。値段が安く、いつまでもくつろげるとあって、多くの人たちにとって貴重な空間となっている。ここに集まる人たちの声に耳を傾けると想像を絶する人生のドラマがあった。いつものフードコートで、さまざまな人間模様を映し出す72時間。

page top