スマートフォン版はこちら

メニューを飛ばして本文へ移動する

放送予定


第342回 2017年11月23日(木) 放送予定
京都・舞妓スペシャル

美と心はこうして作られる

「歩く工芸美術館」と称される舞妓。そんな舞妓たちを作りあげるのは、京都が誇る“超一流の職人集団”だ。思わず息を飲む超絶技巧の数々、そして舞妓に懸ける熱き職人魂。さらに、モデル・滝沢カレンが職人たちのもとへ突撃取材を敢行!特技の「四文字熟語」で、流儀を探し出す。通常のプロフェッショナルでは考えられない、名流儀・迷流儀が続々登場!?さらに、本物の衣装や化粧を施す舞妓体験も行い、舞妓になることの大変さを体感する体当たりリポートも。

< 職人:見どころラインナップ >

  1. 舞妓の髪、一筋65年のベテラン『髪結師』。地毛で結う、あの美しき“日本髪”の秘密とは?
  2. 総重量10キロ超の着物を着付ける『男衆』。“スピード勝負”と語る、その驚くべき理由とは?
  3. 創業は江戸時代。5代目の『花かんざし職人』。採算度外視でも作り続ける思いとは?
  4. 舞妓の代名詞「だらりの帯」を作る『帯職人』。織れる人はわずかという秘伝の技とは?
  5. 豪華けんらんな京友禅の着物を手がける『友禅師』。人生の崖っぷちから救ってくれたひと言とは?
  6. “香り”で舞妓を支える『調合師』。新たな香りへの、飽くなき探求心の原動力とは?


さらに、“舞妓デビュー”を控える2人の少女に3か月密着。華やかな舞妓に憧れ、京都の故郷を離れた二人。しかし、待っていたのは伝統の「美」と「心」を会得するための厳しい修行の日々だった。2人の少女は、プロフェッショナルたちの手により、いかにして舞妓になるのか。そして迎えた運命の舞妓初日。10か月にも及ぶ修業期間を経て2人が感じたものとは?「京都・舞妓スペシャル」、乞うご期待!

特設 動画ページはこちらです。
http://www.nhk.or.jp/professional/2017/1123/special.html

写真 予告MOVIE


第343回 2017年11月27日(月) 放送予定
夜7:30~73分拡大版

夫婦の流儀スペシャル

同志であり、ときにライバル。互いに補いながら、互いに高め合う。長年連れ添った二人だからこそ、成し遂げられる仕事がある。
今回は、1つの仕事に向き合う夫婦の物語。箱根駅伝三連覇という偉業を成し遂げた青山学院大学陸上競技部、その立役者として注目される監督・原晋と寮母・美穂の夫妻。就職を控える学生たちの間で評判となっている「書類合格率90%の証明写真」、その写真館を営む夫婦。4組の夫婦に密着し、その「二人ならでは」の流儀に迫る。

写真 予告MOVIE


※放送予定は変更になる場合がございます。