スマートフォン版はこちら

メニューを飛ばして本文へ移動する

放送予定


第304回 2016年9月26日(月) 放送予定

答えは、地域にある

地方公務員・寺本英仁

いま全国の自治体関係者から注目を集める男がいる。島根県邑南(おおなん)町役場の職員・寺本英仁(45)。高齢化率40%超の人口1万1千人の過疎の町で、「3年連続社会増」と考えられない「結果」を出し続けている。その町おこしの手法は、徹底した“グルメ”に特化した事業の数々だ。徹底的に味にこだわった地産地消の高級イタリアン。一流シェフたちが移住者や地元の人に調理技術を指導する「食の学校」。この町ならではの特産品や料理を全面に打ち出すことで、観光客を呼び込み、移住者を招いた。
「動き出さなければ、なにも始まらない」という寺本。いま、挑んでいるのは町を挙げてのバターの生産事業だ。しかし、バター作りはその歩留まりの悪さゆえ、採算が取りにくい、難しい事業だ。生乳から作られるバターは、わずか5%ほど。残りは全て、低脂肪乳となる。あえて、この難しいチャレンジに挑む寺本。その裏には、「担い手が減少してゆく地元の酪農業に、再び光を当てたい」という地域への思いがあった。町おこしに奮闘する熱血公務員の挑戦に密着する。

写真予告MOVIE


※放送予定は変更になる場合がございます。