スマートフォン版はこちら

メニューを飛ばして本文へ移動する

放送予定


第332回 2017年8月21日(月) 放送予定

史上最強へ 自分を超えろ

プロボクサー・山中慎介

WBC世界バンタム級チャンピオン、山中慎介(34)。権威あるアメリカのボクシング雑誌が選ぶ、現役最強ボクサーランキング、“パウンド・フォー・パウンド”で、日本人ながらトップ10入りを果たしている、歴代最強ともうわさされるサウスポーボクサーだ。
「神の左」と言われる強烈なストレートを武器に、戦慄のKO劇を量産。そして今年8月15日、ついに具志堅用高が持つ13回連続防衛の日本記録に37年ぶりに挑む。

ボクシング界に数多くいるチャンピオンの中で、山中の評価が世界的にも高いのは、世界戦13戦のうち9回をKO勝利という圧倒的な戦績だけが理由ではない。防衛戦の相手に、常に“強い相手”を指名してきたからだ。今回、記録達成がかかる試合の相手にも、同級1位ルイス・ネリ(22歳・メキシコ)/23戦全勝17KOという、最強の挑戦者を、逃げることなく受け入れた。

素顔は、2人の子供を持つ優しい父親。だがその奥に尋常ならざる闘争心を併せ持つ山中。激戦必至のビッグマッチへの日々に密着する。

写真 予告MOVIE


第333回 2017年8月28日(月) 放送予定

命の花、心で生かす

生花店 店主・東信

舞台は、東京・青山。試験管のような花瓶がズラリと並ぶ、まるで“実験室”のような不思議な花屋。 主の名は、東 信(41)。
注文を受けてから花を仕入れ、“究極の一点物”を作り出すオーダーメードの先駆けだ。金髪に白衣、という若干近寄りがたい雰囲気を漂わせてはいるが、花にはめっぽう優しい。植物にとって最高の環境を整えるため、店内は常に室温15~20度、湿度40~50%。BGMに、奥多摩で収録した鳥の鳴き声を流すこだわりようだ。「花に取り憑(つ)かれている」と東は不敵に笑う。

今、そんな東が手がける“世界に一つだけの花”を目にしない日はないかもしれない。
見覚えのあるCMから、あの人の告別式。パリコレ。海外一流ブランドの店舗装飾まで、いずれも一度見たら忘れないインパクトを放つ。だが、東は「あくまで花屋でありたい」と言う。結婚式・誕生日・送別会など“人生の節目”に、自分はどんな花を添えられるのか。日々、花と向き合い、「想像を超える」ことを自らに課す。

この春、東に特別な依頼が舞い込んだ。しかし、悪天候などトラブル続発。苦渋の決断を迫られる。花に取り憑(つ)かれた男の熱い日々に密着。感動を贈る舞台裏に迫る。

写真 予告MOVIE


※放送予定は変更になる場合がございます。