スマートフォン版はこちら

メニューを飛ばして本文へ移動する

放送予定


第240回 2014年10月6日(月) 放送予定

食べる楽しみが、希望を生み出す

訪問管理栄養士・中村育子

年間38兆円にのぼる医療費を抑えるため、国はいま在宅医療を推し進めている。だが、患者が日々食べる「食事」が盲点になっている。栄養管理が行き届いた病院と異なり、自宅での食生活は乱れやすく、体調を崩して再入院する患者が続出。なかにはいま高齢者に急増している「低栄養」に陥り、知らない間に筋力・免疫力の低下を招いたり、認知症のリスクを高めるなど深刻なケースが相次いでいる。
そんな患者の家を一軒一軒訪ね歩き、ひとりひとりに即した、きめ細かな食事療法を提案することで、1,000人ほどの食生活を改善させてきた女性がいる。全国でもまだ珍しい訪問管理栄養士の第一人者・中村育子だ。
その指導は、型破り。「低栄養」の恐れがあるお年寄りには、効率よくカロリーを摂取できるコーラやかき氷を勧めたり、手軽に扱える冷凍食品も積極的にメニューに採り入れる。理想を掲げるより、現実に即したアイデアを追求する中村の行く先には、患者の笑顔が絶えない。その指導法は注目を集め、全国から見学者がやってくる。
この夏、中村にかつてない依頼が舞い込んだ。患者は、脳出血の後遺症で飲み込む力が極端に低下した70代の女性。彼女は、夫が作る大根の煮物をもう1度食べたいという願いを抱いていた。だが、リハビリを始めた直後、思わぬ事態に直面する。彼女の希望をかなえることはできるのか。在宅医療の現場で繰り広げられる、食と命のドラマに密着。

写真予告MOVIE


第241回 2014年10月13日(月) 放送予定

魚スペシャル

魚とともに生きる男たち

食欲の秋。“魚”が脂を蓄え、より一段と味わいを増す季節だ。そこで「プロフェッショナル」では“魚”を生業にするプロたちを大特集。島国に暮らす日本人にとって身近な食材であり続けてきた“魚”はどのように獲られ、私たちの食卓に届けられるのか。その道をたどると、知られざるプロフェッショナルたちの仕事が見えてくる・・・。

まずは、日本屈指のブランド「明石鯛(たい)」の水揚げ10年連続1位を地元で記録する漁師・戸田修一(71)。極めて難しいため使い手が減り続けている伝統の吾智網漁(ごちあみりょう)を駆使して、明石鯛を獲る。その流儀は「じわっと待つ」。コンディションがどれだけ悪かろうとも腰をすえて海と向き合い、潮を読み、ほかの漁師が不漁にあえぐなか大漁を記録する。だが、「名人」と呼ばれるまでには、30年に及ぶ苦難の歳月があった。そこに秘められた夫婦の物語とは・・・。

そして、東京・根津で鮮魚店を営む松本秀樹(43)。「築地で最もいい魚を仕入れる」と言われる気骨の鮮魚商だ。その流儀は、「一の線だけ」。たとえ客からの注文が入っていようとも、自分が気に入った最高の魚以外は絶対に仕入れない。あとで客からなじられようとも「気に入った魚がなかったんで」と潔く頭を下げる。その正直さゆえに客から絶大な信頼を集め、下町の小さな店でありながら、松本の目利きを信じて、客がひっきりなしに訪れる。だが松本にも魚がさっぱり売れず、ばく大な借金を抱えてみずからの命を絶とうとしたつらい過去があった・・・。

ほかにも、明石鯛の鮮度を保つために伝統の技を振るう職人や、「日本一の焼き魚」と称される腕を持つ気仙沼の職人たちが登場。“魚”にまつわる奥深き世界を掘り下げる。

写真


第242回 2014年10月20日(月) 放送予定

ぶれない志、革命の歯科医療

歯科医・熊谷崇

健康に生活する上で欠かせない「歯」。その世界的エキスパートが、山形・酒田にいる。熊谷崇(72)。その医院は、大学病院などではなく、ごく普通の「町の歯医者さん」。にもかかわらず、その名は海外にも広く知られ、研究者が見学にやってくる。

熊谷は、若き日から最高難度の治療テクニックを磨いてきた歯科医。だが今注目を集めるのは、単に治療の腕が優れているからではない。虫歯や歯周病の進行を防ぐ「予防」の分野で“革命的”とすら評される、圧倒的な成績を上げてきたからだ。
熊谷の診療所に通う子どもたちの8割以上が、なんと20才になっても永久歯に虫歯が1本もできない。そして80歳を過ぎても、全国平均の倍以上、25本前後の歯が残る人が多数いる、などなど・・・。

痛みを治す歯医者から痛くならないための歯医者へ。
独自の哲学を掲げて35年、信念の歯科医の仕事に密着!!

写真


※放送予定は変更になる場合がございます。