スマートフォン版はこちら

メニューを飛ばして本文へ移動する

放送予定


第296回 2016年5月30日(月) 放送予定

命の医療チーム、母子の伴走者

産婦人科医・荻田和秀

一人でも多く、元気な赤ちゃんに出会いたい・・・。
高齢出産や病気など、いわゆる“ハイリスク出産”の割合が高まる今、どんなに難しいお産であっても受け入れ、多くの母子を救ってきた産婦人科医がいる。
大阪泉佐野市にある、りんくう総合医療センター産婦人科部長の荻田和秀(50)だ。
荻田は、医師でありながら、ジャズピアニスト。その活躍ぶりで、ドラマ化された人気漫画「コウノドリ」の主人公のモデルでもある。
荻田率いる産婦人科チームは、母子の生死に関わる極めて難しいケースを数多くてがける。大切にしているのは、“余念なき準備”と“チーム力”だ。
一見安全に見えるお産でも、いつ何時、命の危機にさらされるか判らない。その窮地を救うには、産婦人科だけでなく、新生児科や救命センターと連携し、訓練などを通した準備を重ねるしかないという。
今年4月、荻田たちのもとに、ある妊婦が緊急で運び込まれた。出産予定日まで一週間の日に脳梗塞を発症していた。母と子、二つの命を救えるか。知られざる命の現場に密着した。

写真予告MOVIE


※放送予定は変更になる場合がございます。