2011年1月25日

院内学級教師・副島さんの再放送は25日(火)深夜、31日(月)午前11時【BS2】です

 

番組放送直前、1月半ばの晴れた休日。


 オンエアの前に、VTRの後半に出てくれた、いつき君のお宅を訪れました。ご両親とお話をさせてもらい、さらにその後、親切にもお父さんが、少年野球の練習をしているいつき君のもとに連れて行って下さいました。
 到着した小学校のグランドには、みんなと一緒に練習に励むいつき君の姿がありました。
 久しぶりに、少しだけいつき君と話ができました。
 入院していた頃よりも髪が伸びて、何だか少したくましくなったように見えるいつき君。「ちょっとふっくらした?」と聞くと、「退院して体重が戻った」と、教えてくれました。
そうか、あの時は重湯だったもんなと思いつつ、副島さんからの伝言を思い出し、「副島先生が、いつき君によろしくって」と伝えました。
 すると一瞬だけ、いつき君の表情が変わりました。何かをこらえるような、このままいったら泣いちゃうような直前の表情。練習が再開し、みんなのもとに走っていく背中を見ながら、ぼんやり、いつき君も先生に会いたいのかな、と思いました。
 いつき君が本当は何を思ったかは分かりません。ただ、これまで見たことがなかった彼のあの表情を思い出すと、今でもなぜか少し泣きたくなります。


 副島先生が、ロケ中に言ってました。
「すべての教師は、今まで教えてきた子どものことを全員、覚えている」、と。自分がこれまでお世話になってきた先生も、同じ気持ちなのでしょうか。考えたこともないことでした。
 大人は子どもの気持ちがなかなか分からなくて、子どもは大人の気持ちが想像しにくい。ですが、数年後、数十年後、思い出すとじわっとする温かい感覚が、教育の正体なのかもしれない、と思っています。
              

2010121119010000.jpg

 

写真は、撮影アップの夜。
休日にキャンプに来た先生と撮影クルーです。

先生は大学時代からアウトドアにはまっており、惚れ惚れするほど手際が良かったです。

投稿者:ディレクター:イシダ | 投稿時間:15:36 | カテゴリ:スタッフノート | 固定リンク
コメント(5)

Page top ▲