2009年2月24日

料理人 西健一郎さん

日本料理は難しい。
それがわたしのイメージだった。
ただ材料を入れて、炒めて、塩を振る、とか、
切って、焼いて、絡める、とか、
そんな単純ではなく、
ものすごく入り組んだ手順と、面倒くさい下準備が要る。
ややこしい。
なんのためにやっているかよくわからない段取りが多く、
覚えにくい。
それが、「和食=アンタッチャブル」というイメージを
わたしの中に植え付けていた。
 
しかし、西さんとお会いして、
すごい発見があったのだ。
 
物ごとには、ワケがある。
 
物ごとには理屈があり、因果関係がある。
料理にも、理由があり、ワケがある。
西さんのお話をうかがっていると、
そんな風に、モヤモヤとしていたものが腑に落ちてくるのだ。
 
料理にはちゃんと因由があることを、
西さん自身、感じてこられた。
例えば、あるとき、京都で・・・

【続きを読む】

投稿者:すみきち | 投稿時間:12:50 | カテゴリ:すみきちのぶっちゃけ道ブログ | 固定リンク
コメント(2)

Page top ▲