2008年7月

宮崎駿スペシャル、完成!!!

Image235.jpg8月5日22:00放送の
『宮崎駿のすべて~「ポニョ」密着300日』

ついに完成しました!!!
やったー!

完成したものを、
新聞や雑誌の記者のみなさんに
見ていただく
完成試写会が
今週
行われました。
わたしも
初めて完成版を
見ました。




おもしろかったですよ!
関わっている自分が言うのも変なのですが、
やっぱり、宮崎さんはすごいお方です・・・。
VTRを何度見ても、刺激になることがたくさんあります。
ポニョも、めちゃんこかわいいですよ!!!

夏まっさかりの
8月5日(火)22:00~です!
是非是非、
ごらんください!!!うきゃっ!

投稿者:すみきち | 投稿時間:19:47 | カテゴリ:すみきちのぶっちゃけ道ブログ | 固定リンク
コメント(6)

茂木さんラジオに出演

mogiradio.jpg本日30日(水)午後5時から放送、NHKラジオ第1「私も一言!夕方ニュース」のインタビューコーナーで、茂木さんが“次回放送の宮崎駿さんについて”話します。
茂木さんの出演は大体5時40分頃!
是非、聞いてみて下さい。

※次回の「プロフェッショナル」は8月5日(火)夜10時から!(88分の拡大版)

投稿者:えふでぃーズ | 投稿時間:11:46 | カテゴリ:スタッフノート | 固定リンク
コメント(0)

スペシャル・88分!8月5日(火)宮崎駿さんです

hayao.jpg

前回の放送から、およそ1年半。
放送直後から大きな反響を呼んだ「宮崎駿」さんのスペシャル番組、第2弾です!
荒川ディレクターが小型カメラを手に継続取材を続け、前回と合わせておよそ2年半、のべ300日にわたって宮崎さんの創作の現場を記録しました。
そこには、「最後の長編」と語る宮崎さんの、映画作りの現場が克明に記されています。

今回の収録はスタジオでは無く、宮崎さんのアトリエにキャスターが伺いました。
そこはまさにヒロイン「ポニョ」が産まれた現場です。
その場所で、作品への思いを聞いたり、絵コンテやカットを見せて頂きました。
もう、本当に、その絵コンテやカットの美しいこと。。。。
宮崎さんが、『とあるカット』をパラパラ漫画みたいに見せて下さったのですが、それを見た住吉アナは大興奮!でした。
また、今回、宮崎さんはこれまでほとんど語られることのなかったご自分の原点とも言える幼少期の体験などを話してくださいました。
それらは宮崎さんの作品にどう影響しているのでしょうか?

【続きを読む】

投稿者:えふでぃーズ | 投稿時間:22:43 | カテゴリ:スタッフノート | 固定リンク
コメント(3)

板金職人 国村次郎さん

国村さんの打ち出し板金の実演を見て、
驚いた。
丸いアルミ合金の板をお椀のように打ち出してくださったのだが、
そこで出来上がっていくものは、
金属の塊のはずなのに、
なぜか、生き物のような質感を持っているのだ。
見る見るうちに、目の前にある金属の「存在感」が変わっていく。
なんだか息をしていそうな、体温を持っていそうな、
優しくて美しい丸みが生み出される。
思わず、自分の無意識が「触りたい、触りたい」とうずく。
実際に撫でてみると、
それはまるで人間のお尻を撫でているようだった!
スベスベした、なめらかな丸み。
金属の冷たさはまったくない。
不思議だ!
 国村さんは言う・・・

【続きを読む】

投稿者:すみきち | 投稿時間:19:00 | カテゴリ:すみきちのぶっちゃけ道ブログ | 固定リンク
コメント(8)

次回は新幹線の顔を作る人です!

kunimura.jpgみなさん、新幹線の先頭車両の形が、『手で作られている』って知っていましたか?
全ての新幹線が、『手で作られている』というわけではありませんが、
今回の出演者である国村さんは、打ち出し板金職人として、日本の新幹線や海外の特急など先頭車両の顔を作ってきた方です。

今回はスタジオで打ち出し板金の技を見せていただきました。
国村さんが、円形のアルミ板をハンマーでただ叩いていきます。
するとその板が少しずつお皿のような形になり、最終的にはきれいなお椀の形になりました。
(ちなみにそのままずっと叩いていくと、球に近い形にまでなるそうです!!)
『ただ』と書いてしまいましたが、実際は『ただ』叩いておられるのではありません。

【続きを読む】

投稿者:えふでぃーズ | 投稿時間:22:56 | カテゴリ:スタッフノート | 固定リンク
コメント(1)

ライバル・スペシャル!

「ライバル」というのは、
欲しくても得られるものではない。
お互いが同じ土俵の上で勝負をしている必要があるし、
年齢が近かったり、
実力が同じくらいだったり
あと、
きっと人間的に、お互いが「引きを感じる」というような
条件がそろわねばならない。
そういう意味で、
今回の将棋の名人戦を戦った森内さんと羽生さんはすごい。
だって、同い年で、同時期に奨励会に入り、
小学校4年生のときに、デパートの子ども将棋大会で初対戦。
それ以来、30年近い付き合いなのだ!
盤を挟んだ回数は誰よりも多いと、羽生さんは言う。
さらに、同い年で棋士になるということ自体も、
それなりに珍しいことだそうだ。
まるで、誰かが仕組んだようなライバル関係・・・
端から見ると、ものすごく、運命を感じるふたりである。
そんなおふたりに、スタジオでそれぞれにお話を伺うことになって
一番知りたかったことは:
「お互いのことをどう思っているのだろう?」
 
率直に伺うと・・・

【続きを読む】

投稿者:すみきち | 投稿時間:18:53 | カテゴリ:すみきちのぶっちゃけ道ブログ | 固定リンク
コメント(12)

収録しました!「ライバルスペシャル」

moriuchimeishi.jpg本日、スタジオ収録しました!
「~ 名人戦 森内俊之 VS 羽生善治 ~」


「森内さんはこんな事を考えていたのか」
「羽生さんはこういう感覚なのか」

今、将棋界の中で最強と呼ばれるお二人に、将棋感、お互いに対しての思い、歴史に残る名勝負について存分に語っていただきました。

見逃したら、絶対に損です!

habu.jpg「最強の二人、宿命の対決」は15日(火)夜10時から

上:森内さんと茂木さん、収録後に名刺交換
下:羽生さんとキャスター、収録後スタジオにて

投稿者:えふでぃーズ | 投稿時間:19:46 | カテゴリ:スタッフノート | 固定リンク
コメント(1)

次回、15日はドラマチックなライバル対決!将棋名人戦

habumoriuchi.jpgプロフェッショナル仕事の流儀、次回はスペシャル!二人の棋士が登場します。
「最強の二人、宿命の対決~ 名人戦 森内俊之 VS 羽生善治 ~」

日本の将棋対局で長い伝統を誇る名人戦の中でも、今年の対局は歴史に残る名勝負と呼ばれています。
永世名人の資格を有する森内俊之さんに挑むのは、羽生善治さん。二人は、同い年で同期なのです。小学校4年生の時に将棋大会で出会って以来、ともに戦ってきた「宿命のライバル」が、この名人戦で火花を散らします。
今回のプロフェッショナルは「“ライバル”スペシャル」として、この二人の闘いに長期密着しました。

25才の若さで前人未踏のタイトル7冠全制覇を成し遂げ、常に将棋界をリードしてきた羽生さん。
将来を嘱望されながら結果を残せず、「劣等感」をばねに、強さを磨き続け、31才で初めてタイトルを獲得した森内さん。
そして、その後、羽生さんは立て続けにタイトルを奪われ1冠にまで落ち込み、森内さんは次々とタイトルを奪い羽生さんより先に永世名人の称号を獲得します。

この名人戦は、二人の勝負師としての「人生」が交錯しているかのようです。
最高の舞台でお互いを意識し、どのように考え、勝負に挑むのでしょうか!

(ちなみにスタジオ収録はまだです…。)

15(火)夜10時から、スペシャルなので放送は60分です。お間違えのないように

投稿者:えふでぃーズ | 投稿時間:22:43 | カテゴリ:スタッフノート | 固定リンク
コメント(4)

プロ野球選手 宮本慎也さん


スタジオにスーツ姿で颯爽と現れた宮本さん、
ハッキリ言って、かっこいい!
やっぱりスポーツ選手でちゃんと身体を鍛えてらっしゃるから、
姿勢も美しいし、動きに無駄がない。
向かい側に座られたお顔の肌もつるつるで、
健康的なオーラをいっぱい出している方だというのが、第一印象。
さらに、VTRでは、大きな声でチームメイトに活を入れたり、
後輩に情熱的に声をかけたりする姿が多かったのだが、
スタジオにいらした宮本さんは、
冷静で、優しく落ち着いたジェントルマンな雰囲気。
あまりの違いにびっくりしたほどだ。
たぶん、キャプテンとして、そして、ひとりの野球選手として
常に、周りの人のことや状況などいろんなことを考慮に入れて
行動してらっしゃる方なのだと直感した。
 
今回番組では、「キャプテン」としての宮本選手に
スポットを当てているが、
わたしは個人的に、宮本さんがひとりの野球選手として、

ただ一度きりの自分の「野球人生」とどう向き合っているのかに
強い興味があった・・・

【続きを読む】

投稿者:すみきち | 投稿時間:19:45 | カテゴリ:すみきちのぶっちゃけ道ブログ | 固定リンク
コメント(7)

Page top ▲