2009年02月03日 (火)次回は考古学者です!

koukogaku.jpgみなさん、「遺跡発掘調査」というアルバイトをしたことがありますか?
私はあります。暑い中、土器の破片を見てはドキドキしていたことを思い出しました。

次回の出演者は考古学者の杉山三郎さん。
なんと!杉山さんが初めて考古学に触れたのは、この「遺跡発掘調査」のアルバイト!
そして、大学で本格的に考古学の勉強をし始めたのは35歳!
杉山さんは「40代からでも50代からでも、始めることは出来る」とおっしゃいました。
考古学者というと『インディ・ジョーンズ』のような探検や冒険を思い浮かべるかもしれません。しかし、それはどちらかというと『トレジャーハンター』。
考古学というのは、本当に緻密な作業なのです。

zaki.pm.jpgスタジオでは模型を使って、古代都市遺跡「テオティワカン」とその発掘について、詳しくお話いただきました。フロアディレクターのザッキーが食べてしまいそうなピラミッド!その秘密とは!?

杉山さんは、「『発掘する』というその責任は重い」とおっしゃっていました。例えば、生物学の場合は何回も実験できますが、考古学というのは誰かが発掘したら、100年、200年経って新しい技術や理論が出てきても、もう同じ条件では発掘出来ません。
それだけに、発掘に至るまでにはとてつもない時間をかけて、膨大な史料をあつめ、仮説を立て、綿密な計画を練るのです。
そして発掘をしたことによって、分かった事、分からなかった事(←無かったということもデータになるのです)を、また膨大な時間をかけて、記録を作り、後へとつなげていくのです。

杉山さんは「古代遺跡は我々を知るためには絶対必要なものだ」とおっしゃいました。

第109回「ロマンに生きても、いいじゃないか~考古学者・杉山三郎」は10日(火)夜10時から

ところで、遺跡について色々見ていると、なんかその解釈を考えたくなりませんか。
VTRを見た私、デスク、ザッキー、みな「○○が●●なのでは!」と自分の勝手な解釈を話し始めてしまいました。。。。

投稿者:えふでぃーズ | 投稿時間:22:45

コメント

※コメントはありません

Page top ▲