2007年05月07日 (月)いよいよの挑戦。

大型連休の週末、
自分の課題だった案件に、いよいよ挑戦!
それは、仕事術スペシャルで、
料理人・徳岡邦夫さんに教えていただいた
あの“究極の料理”を自分で作ってみることだ。

納豆を混ぜること
あるいは
野菜をゆでること
くらいの能力しかない私にも、
あの美味しいごはんが炊けるのか・・・?
自己に対する懐疑心いっぱいで、そのミッションは始まった。
20070507nabe.JPG

私宅はオール電化住宅。
つまり、ガスコンロではなく
電気コンロしかない。
それでもできるものなのか?
という戸惑いと、
あとはなんとなく時間がなくて
ここまで作らずに来てしまった。
しかし、
教えてください!
と徳岡さんを訪ねたのだから、
作ってみないと、女(男?)ではない!
と一念発起。
大型連休の最終日に決意したのだった。

プロフェッショナルのHPの「これまでの放送」のレシピを
もう一度熟読、確認してから
お米を(研ぐのではなく)洗いはじめる。
時計を逐次チェックしながらの作業。
洗った後1時間おいて~、
さらに水を入れてから1時間。
徳岡さんには、
硬すぎない国産のミネラルウォーターを薦められたが
家にないので、水道水で行った。

1時間+1時間待つ間は、DVDを観たり
パソコンでメールの返事をしたり、
そわそわと過ごす。

そして、いよいよ火入れ(電気入れ)だ!
そこからは、時計の針とほんとうににらめっこ。
沸騰までは、
へらを片手に、
なぜか力士のように両足を踏ん張りながら
腰を低くして、鍋淵からの湯気を見守る。
5分もしないくらいで、すぐに沸騰!
おぉ!
どきどきしながら、ふたを開け
へらで鍋底をかき混ぜる。
思ったより、すでにお米は重く、柔らかい。
「底にへばりついちゃだめよ~!」と
小声をかけながら
何回か混ぜた。

またふたを閉め、
いよいよ11~12分炊く。
電力の強さの調整が、火ほどぱっと変えられないため
ほんとうにどきどき。
つまみを強めたり弱めたり、
湯気の具合を見ながら調整する
付きっきりの11分。

そして、いよいよだ~!!
コンロから下ろす。
どきどきしながらふたを開ける。
すると、
きゃ~!炊けている模様!
蒸らさないまま、早速へらのまま一口。

お、お、
美味しい♪!!!
涙までは出ないものの、
あの、京都でいただいた「つぶつぶご飯」の感じは
ちゃんと出ていた。
う、嬉しい・・・。
ほんとうに嬉しかった。
台所に立ったまま、
いただいてしまった。
やはり、炊きあがり直後が一番美味しいことも
食して観察した結果分かった。

20070507gohan.JPG
やっぱり日本の食は美味しいです。
そして、
手間をかけた味は美味しいです。

でも、そのおかげで
かなり食べ過ぎた。
おなかぱんぱん。
ぱんぱかぱん。

今度は、
吉田都さんに教えて頂いた
下腹部のインナーマッスルに利く
エクササイズを
がんばらねば・・・(汗)

投稿者:すみきち | 投稿時間:11:43

コメント

はじめましていつもテレビにて拝見しております

今回のご飯の炊き方、本当に目からウロコ状態でした
そうです早速あたくしも炊いてみましたですよ

すみきちさんと同様に本当においしく炊けました

水はいつも我が家で「炭」をいれて作っている水で
(これけっこういけますので→コーヒーなんかも)
米は高知(あたし四国の高知です)の仁井田米です

おいしかったあ・・・・・!!

やっぱり手間と愛情をかけなきゃいけないことが
よーく分かりました

でも、でもよ明日からはまた多分炊飯器で炊くだろうな
って思った(そういう自分が情けないしいちょっと寂しい)

でもさあ、いいことはすぐに実行するってことが大切よね
(自分に言い聞かせているトホ・・・)

最後に、すみきちさんのことこれからもずっと見ています
今のままの何事にも興味深々で、トライ精神あふれる
あなたでいてください

投稿日時:2007年05月07日 14:31 | 山本朋子

大反響ですね。
ごはんの件。

レポートも楽しく読ませてもらいました。

>家にないので、水道水で行った。

ってトコでちょっと吹いちゃいましたけど(笑)

ちなみに、おかずはなんだったんですかね。
興味深いです。

なんにせよ、おいしく炊けたようでなにより。
僕もはやく試してみたくなりました。


投稿日時:2007年05月08日 00:38 | JOE

はじめまして。
楽しみにして、できる限り毎回観てます。

昨日、仕事から帰って深夜の再放送を見ました。
「うぅ、明日もあるしそろそろ寝るか」と思った矢先、すみきちさんが泣き出した。
「なんじゃ、なんじゃ?チャンネル間違えたかなぁ?」
いや、私がご飯で感動の涙を流すほどのホンモノに出会えてなく、ご飯で涙を流すほど真剣に人生を味わってないのだ。
とまあ、プロフェッショナルを観ては、毎回自分を見つめ直しています。感謝。再放送があることも感謝。

そして、すみきちさん、さっそく自分でチャレンジするところがすごいです。

「いい番組だな」と毎回思う。そしてスガさんのprogressで出社してます。

うら若き学生のような眼差しで毎回登場するすみきちさんは、おそろしく鋭い眼差しのプロたちと対等に渡り合っていて面白いです。

これからも応援してます。がんばってください。

投稿日時:2007年05月08日 19:47 | koba

夜中の再放送を何となく見ていたのですが、すみきちさんが、ごはんを食べて涙している場面でびっくり☆
次の日早速、私も試してみました。

安売りで買ったお米と水道水でしたが、炊きあがりはあきらかに普段と違いました。
ピカピカでツブツブで感動です!

おいしい炊き方を聞いてきてくださって、ありがとうございました!!

投稿日時:2007年05月08日 20:53 | ぷぅちぃ

涙流しながら、米粒食べえいる人を初めて見ました。
しかも、テレビで。若いおねえさまが。

でも、その素直な心、好きになりました。

早速実行!
涙まで流して伝えたかった味だもんね。

投稿日時:2007年05月09日 14:59 | deeper

初めまして★

先日放送のプロフェッショナルで

住吉さんが美味しく炊けたお米に

大粒の涙を流されていた事がすごく印象的で

ここまで来てしまいました。

TVを見ていて、これほどまでに

強烈なインパクトを受けた事はありませんでした。

感動を素直に感動として伝えられる住吉さん、

同じ女性として魅力的に感じます。

これからも、お仕事頑張ってくださいね。

投稿日時:2007年05月10日 04:58 | ミラクル

さまざまなコメントありがとうございます!

白いご飯へのコメントをたくさんいただき!
いや~、お恥ずかしいばかりです。
でも、
それを見て、炊いてみてくださったとか
いろんなことを感じ取ってくださったとか
そういうお声は本当に有り難く、
また嬉しく読ませて頂きました。
ありがとうございました!!

2時間かかるので、平日は難しいかもしれませんが、
たまに、美味しいものを作って
笑顔で食べる、というのは
素敵なことですよね★★

投稿日時:2007年05月30日 12:37 | すみきち

Page top ▲