2007年05月03日 (木)収録でした~。

きょうは、収録だった!
いま終わりましたところ。
きょうのプロフェッショナルは、競馬の馬を鍛える調教師、
藤澤和雄さん。
すごく興味深い、馬と向き合う日々のお話・・・★
実は、馬は人間(子ども)に似ているところが多い!
と盛り上がる。
馬に親しみが湧き、さらに馬が好きになった。
いやぁぁぁ、かわいい・・・!!!
わたしのこのホットな気持ちを、早速イラストに表現してみた。
horse.JPG
ちょっと
かわいさは
捉えきれなかった・・・。

投稿者:すみきち | 投稿時間:19:17

コメント

あははは、かわいい!かわいいですよ!!

投稿日時:2007年05月04日 03:35 | KT

すみきちさん、また、スタッフの皆さん、いつも素敵な番組をありがとうございます(^~^*
茂木さんのクオリア日記は、日頃拝見させて頂いておりますが、皆さんのブログがあることに気が付きませんでした。
もっと早く気が付きたかったです。
番組には、励まされること、自身反省しなければならないこと、など
など、自身の明日の元気を頂いています。
今後も番組づくりに頑張ってください。
ちなみに、すみきちさんの大ファンです。
いつも、ブラウン管のお姿を見つめておりますm(_ _)m
お邪魔いたしました。

投稿日時:2007年05月05日 15:26 | みやび

普段親しんでいる競馬の藤澤調教師がどんな言葉を私たちにくださるのか?楽しみです。

投稿日時:2007年05月15日 19:48 | たらりん

競馬ファンということを差し置いて
ちょっと引いた目線で番組を拝見しましたが、
非常に面白く、ためになった内容でした。

藤澤師の持論

 『一勝より一生』

 『頼まれた仕事をきちっとすること、できる人』

自分自身の仕事に置き換えて、
与えられた仕事をきちんとこなし、長い目で先を見据えて少しでも師の考えに近づけたらと思う。

本当に良い番組でした。
 

投稿日時:2007年05月17日 02:39 | ■ オオイ商店

スタッフの皆様、いつもお疲れさまです。「プロフェッショナル」は「時々」観させていただいております。
 5月15日、読書後何気なくスイッチを入れたTVの画面に、優しい顔と声の方が馬の話をしている様子が映し出されていました。途中で名前が「藤澤和雄」と出た時に思わず声を上げました。何と三十数年前に教科指導をした藤澤君ではありませんか!。
 担任ではありませんでしたが、優しい彼の人柄に惹かれて個人的に話をするようになっていました。自宅が牧場を営んでいて、当時から馬について話す彼の顔は本当にかわいくて仕方がないという雰囲気がありました。彼の話に引き込まれて、一度だけ彼の自宅を訪れたことがあります。その頃私は8ミリ映画の撮影に凝っていて、彼が馬にまたがって疾走する姿も収めました。その時の馬の速さとそれを操る彼の姿に感動を覚えたものです。
 本当はジョッキーになりたかったけど、身長が伸びてできなくなったと笑っていた彼の顔をしっかりと覚えています。居間には「トウメイ」の写真が飾ってありました。体が小さく、自分が育てることになったこと、150万円ほどで売られたこと、それが天皇賞だか菊花賞だかで優勝したことなどを語ってくれました。当時も今も競馬には関心を持たない私にも、それがそんなにすごいことかは分かりました。
 その後私は異動で苫小牧を離れ、彼も馬の勉強のためにイギリスに渡ったということまでは聞いていました。その彼が日本でもトップクラスの調教師になっていたことに驚きと喜びを感じました。話の内容から、今も優しい彼の人柄が調教にもそれが現れていると感じました。
 5月21日の深夜に再放送があることを札幌の局の方に伺いました。今度は録画をしてじっくりと観させていただきます。
 スタッフの皆様のさらなるご活躍をお祈りします。

投稿日時:2007年05月19日 11:01 | 光永正己

Page top ▲