2009年09月15日 (火)漫画家 井上雄彦さん

「バガボンド」を読んでいると、夜も眠れなくなる。
宮本武蔵の時代に、わたしはバーチャルにタイムスリップする。
ひとり、部屋にいると、もしや、いま外に出ると、
そこら辺の道で男同士が真剣で切り合っている日常が在る 気がしてきて、
鳥肌が立つ。
当時の日本人がどんな感情や感覚で日常を送っていたかが、
体感できてくる。
現代の日本とはまったく違う感覚・・・
それで、眠ると、怖い夢をみる。
んー、それだけ、わたしの意識は"井上ワールド"に染め上げ られた、
ということだ。
そんな風に意識を持っていかれるほどの力が、
A5版くらいの単行本に単色で描かれた画に満ちみちているんだからスゴイ。
その力は、いったいどこからくるんだろう。
 
井上さんは、まず・・・

井上さんは、まず、ネームという、
一話一話のストーリ展開、画の構成や台詞など、
重要なことすべてを決める設計図のようなものを、
ノートに、ひとり黙々と描く。
描く、といっても、他人にはまったくわからないようなものだ。
今回、そのネームノートをスタジオで見せていただいたのだが、
失礼ながら、わ、こどもの落書き帖のようだわ、というのが第一印象(笑)!
しかし、そこに、井上さんの「魂」がこめられている。
だから、“落書き帖”的なのだ。
 
コマ割りがきれいかどうかとか、
ストーリーが読者に受けそうかどうかとか、
先々のために計算をしながら構成するとか、
そういう表面的な仕上がりのことは考えない。
あくまで、登場するキャラクターたちと真正面から向きあうことを
最重要視しているのだ。
「この人、ここではどんな感情になるだろう?」
「その場合、どんな表情だろう?」
「そうしたら、どういう行動をとるだろう?」
「何を、誰に言って、結果どんなことが起こるだろう?」
登場人物を、人として見つめまくり、
人って、人間って・・・というところまで、深く掘っているのだ。
井上さんは言う。
 
「小ざかしいものは嫌なんです。
 小手先で創るのはずるい。
 うそなく、自分を込めたいんです。
 だから、自分の奥の奥まで掘るんです」
 
そう、井上さんは、作品を創り出すたびに、
登場人物と向き合い、同時に、
自分とめっちゃ向き合っているのだ。
それがぴちっとできないときは、ネームも作品も描けなくなるそうだ。
登場人物の感情を実感できるところまで、すーっと心が静けさが訪れないと、
うまく描けないというのだ。
毎回、人間というもの、人生というものを見つめなおしちゃっている。
うーむ、まるで、修行僧のようだ・・・
そこで、ふと、「バガボンド」の武蔵と井上さんの表情が
ぴったり重なるときがあることに気づいた。
似ている。武蔵も、紙の上で、ちゃんと生きている。
 
ここまで来て、わたしが作品を読んで、
なぜ、まるでその時代に生きているような感覚に襲われたのかが、
わかった気がした。
きっと、
井上さんが、作品の中に「ちゃんと生きてる」を吹き込んでいるからだ。
井上さんが自分自身と徹底的に向き合い、
決してかっこつけたり誤魔化したりすることなく丸裸になり、
人間として美しいところから醜いところまですべてを曝け出しているからこそ、
井上さんの作品には、ものすごくリアルが詰まっているのだ。
 
「自分の経験していることしか描けません。
 自分の奥を掘って、掘って、描いています。
 でも、根っこまで掘れば、『普遍』があるんじゃないかと思うんです」
 
いい。
効率が悪くっても、時間がかかっても、
一見、不器用なやり方にすら映ろうが、
嘘をつかず(つけず)に仕事と向き合っている井上さんに
強く、強く共感した。
井上さんの、
生きているってことに対するものすごい誠意を感じ、
なんだか身体が熱くなるのだった。

投稿者:すみきち | 投稿時間:18:49

コメント

 なんて生き生きとした絵なのでしょう。その主人公がどう生きていくかのストーリー展開を毎週毎週命を削るようにして描き続ける漫画家というのもすごい職業だと思いました。
 私は宮本武蔵に関しては、その昔吉川英治さんの小説で読んで大体わかる程度です。「バガボンド」、息子の買ってきた雑誌で読んだことがあるくらいで、まさかあんなにも長い連載とも知らず、作者の魂があんなにもこもっているとも思いませんでした。文学作品は文字だけで作者の思想を伝えますが、負けず劣らず、質の高いマンガというものは作家の真実な思いが注ぎ込まれているものだなとわかりました。

投稿日時:2009年09月15日 23:18 | 花房 啓子

はじめてコメントさせていただきます。
すみきち&スタッフブログでは、番組内では紹介されていないゲストの言葉が散りばめられていて、放送とは違ったゲストの一面が感じられるみたいでとても面白いです。
これからも放送しきれないゲストの言葉や考え想いをこのブログを通してお願いします。

投稿日時:2009年09月16日 00:09 | 御厩峻雪

こぼさない

インクを?と連想とともに 即座に違うと連想

取りこぼさない!と

芸術作品 漫画は芸術です言い切れます。

投稿日時:2009年09月16日 08:15 | TOKYO / HIDEKI

「ストーリーなんてどうでもいい。人物さえきちんと描けていれば、勝手に物語が進んでいく」
井上さんが番組の中でこのような発言をしていて、バガボンドという作品の違和感にも似た、読後の感覚が理解できた。
この作品は、毎回毎回すっきりしない。
いわゆる漫画特有のカタルシスが存在しない。

長い連載の中で、主人公が「答え」らしきものにたどり着いたかと思えば、また同じ疑問に苦しむ。
「これが人生の答えだ!」なんて陳腐な表現はしない。
人生を悟ったように思った瞬間に、何一つ悟っていないことに気が付く。
ずっと、その繰り返し。
それが、読んでも読んでもすっきりしない「違和感」だと思う。

しかし、すぐに他人の与えてくれた「答え」を求めてしまう現代人には、このスタンスこそ必要なものなんでしょう。
苦しんで、苦しんで、悟った気になって、また苦しむ。
バガボンドを読むたびに、そんなことを感じます。

投稿日時:2009年09月16日 16:54 | まるたけ

すばらしい番組でした。
ぱっと茂木さんのブログからここにきたら
すみきちさんの文章がとてもよく
自分が考えていたことが丁寧に言葉にされているようで
深く深く井上さんの姿がさらにはいりました。
どうもありがとう。

投稿日時:2009年09月16日 22:56 | 

 SLAM DUNK の最終巻、絵だけで表現されているあの場面、いつ見ても鳥肌が立ちます。
 多くのSLAM DUNK ファンに違わず、私も続編を期待していた者の一人です。しかし、放送を見て、なんとなく、あの結末の意味の自分なりの解釈ができたような気がしました。
 余談ですが、途中で出てきた、バスケットボールの部活の風景、私の母校です。つい6年前まで、私もあの体育館で、本気で全国大会を目指していました。

投稿日時:2009年09月19日 17:32 | テーミス

井上さんの漫画は、本当にリアルですよね。

20年以上前の読み切り時代から愛読してるなぁ。

投稿日時:2009年09月26日 23:29 | you

Page top ▲