スマートフォン版はこちら

メニューを飛ばして本文へ移動する

番組紹介

  • 番組概要/ナレーター紹介
  • テーマ曲のご紹介

Progress

song by kokua 作詞・作曲:スガ シカオ 編曲:武部聡志・小倉博和
※ユニット名はkokua(コクア:ハワイの言葉で「協力する、協調する」の意 )

音楽界のプロフェッショナルたちの力が結集し、完成したのが主題歌「Progress」です。

「プロフェッショナル」を標榜する番組の主題歌は、やはり「これぞ、プロ!」という人に作ってほしい・・・

そう考え、今回はこれまでにないスタイルで主題歌を制作しました。そこで音楽業界の第一線で人気アーティストのプロデュースを手がけているプロ中のプロを中心に、主題歌制作のために、オリジナルユニットを結成しました。
番組は、未来を切り拓くべく格闘しているプロフェッショナルたちに贈るこの曲とともに始まり、この曲で終わります。

曲の一部をお聴きいただけます。再生するソフトをお持ちでない方は下より最新版の動画再生ソフトをダウンロードして下さい。(NHKサイトを離れます)

CD販売中!着うた(R)・着うたフル(R)好評配信中!
詳しくはこちらから(NHKサイトを離れます)

Produce,Arrangement,Keyboard

武部 聡志

一青窈、今井美樹、華原朋美、JUJU、ゆず、平井堅等のプロデュースで知られる音楽プロデューサー。
作曲家、キーボーディスト、アレンジャーとして数多くのアーティストを手掛ける。
1983年より松任谷由実コンサートツアーの音楽監督を担当。
CX系ドラマ「BEACH BOYS」「西遊記」etcの音楽担当、CX系音楽番組「MUSIC FAIR」「FNS歌謡祭」の音楽監督、スタジオジブリ作品「コクリコ坂から」の音楽担当等、多岐にわたり活躍している。
1957年、東京生まれ。

写真


Vocal,Words and Music

スガ シカオ

日常、そして、時代の空気感を鋭く切り取る作品性、世界観で、世代を問わず幅広い支持を得ている日本を代表するシンガーソングライター。97年「ヒットチャートをかけぬけろ」でメジャーデビュー。
1stアルバム『Clover』から9thアルバム『FUNKASTiC』まで、これまでリリースしたオリジナルアルバム全てがTOP10入りを記録。2011年、所属事務所からの独立を発表し、同時に活動の場をインディーズに移す。その後も、メジャー/インディーズの枠組みに捉われない独自の活動を行ってきたが、2014年5月、シングル「アストライド/LIFE」でメジャーフィールドに完全復帰。2016年1月には、6年ぶりのオリジナルアルバム『THE LAST』を発表。東京出身。

写真


Guitar,Arrangement

小倉 博和

ギタリスト、コンポーザー、アレンジャー、サウンドプロデューサー。
サザンオールスターズ、桑田佳祐、福山雅治、槇原敬之ほか数多くのアーティストのライブ、レコーディングに参加。
ギターデュオ山弦、Bank Bandとしての活動も注目される。
2014年11月に1852年製のMartinギターをフィーチャーした初のソロアルバム「GOLDEN TIME」をリリース。
名実共に日本屈指のギタリストとして活躍を続けている。

写真


Bass

根岸 孝旨

Cocco、GRAPEVINE、つじあやの、くるり、中島美嘉、aiko、miwa 等数多くのアーティストの作品をプロデュース。
また、Dr.StrangeLove、JUNK FUNK PUNKでバンド活動を行う他、ベーシストとして、サザンオールスターズ、奥田民生、吉井和哉、藤井フミヤ等のアーティストをサポート。1961年生まれ。

写真


Drums

屋敷 豪太

世界を舞台に活躍するドラマーにして、プロデューサー。88年、英国のSoul II Soul に参加。世界のダンス・ミュージックシーンに一石を投じた“グランド・ビート”を生み出す。91年、Simply Red「Stars」に参加し、英アルバムチャート1位を記録。その後、ソロ活動の他、nokko、藤井フミヤ、サッカー国際試合選手入場曲「WORLD SOCCER ANTHEM」などをプロデュース。1962年生まれ 京都出身。

写真


テーマ曲:Progress
作詞・作曲:スガ シカオ 編曲:武部聡志・小倉博和 プロデュース:武部聡志

ぼくらは位置について 横一列でスタートをきった
つまずいている あいつのことを見て
本当はシメシメと思っていた
誰かを許せたり 大切な人を守れたり
いまだ何一つ サマになっていやしない
相変わらず あの日のダメな ぼく

ずっと探していた 理想の自分って
もうちょっとカッコよかったけれど
ぼくが歩いてきた 日々と道のりを
ほんとは“ジブン”っていうらしい

世界中にあふれているため息と
君とぼくの甘酸っぱい挫折に捧ぐ・・・
“あと一歩だけ、前に 進もう”

空にはいつでも まるでぼくらの希望のように
こぼれそうなくらい 星が輝いて
届かないその手を伸ばしたんだ
ガラスケースの中 飾られた悲しみを見て
かわいそうに・・・なんてつぶやいてる
こんな自分 ケリたくなるくらい キライ!

ねぇ ぼくらがユメ見たのって
誰かと同じ色の未来じゃない
誰も知らない世界へ向かっていく勇気を
“ミライ”っていうらしい

世界中にあふれてるため息と
君とぼくの甘酸っぱい挫折に捧ぐ・・・
“あと一歩だけ、前に 進もう”