スマートフォン版へ

メニューを飛ばして本文へ移動する

これまでの放送

第251回 2015年1月12日放送

振り切る先に、未来がある 自動車エンジン開発・人見光夫



生き残るために、頂点に挑む

広島に拠点を置く自動車メーカー・マツダで35年にわたってエンジン開発に心血を注いできた人見。4年前、開発チームを率いて世に出したのは、リッター30キロ(10・15モード)の圧倒的な燃費性能を誇るガソリンエンジン。トヨタやホンダなどが90年代以降取り組んできた電気モーターを併用するハイブリット方式並みの低燃費をエンジンだけで実現し、世界の関係者に衝撃を与えた。その人見たちは今、さらに効率を30%アップさせることを目標とした新世代エンジンの先行開発に挑んでいる。厳しい競争が繰り広げられる自動車業界で生きてきた人見を駆り立てているのは、実は強い「危機感」だ。マツダは、グループの従業員でみるとトヨタのわずか8分の1という世界的には小さな自動車メーカー。資金力も決して潤沢ではない。また、これまでバブル崩壊などの時代の流れの中で、何度も経営危機にひんしてきた過去もある。そうした会社が生き残っていくためには、あえて「究極」と言えるエンジンを目指し続けて行く継続姿勢が絶対に必要だと人見は考えている。

写真「究極」の低燃費エンジンを目指して、先行開発部門のトップを務める人見
写真課題が解決するまで人見はとことん考え続ける


逃げ道を断ってこそ、アイデアは生まれる

ふだんはおちゃめで穏やかなキャラクターの人見だが、開発現場では一切の妥協を許さない厳しい姿勢を取る。開発会議では、部下がさまざまな懸案を解決するために、既製の部品を使うなどの提案を出すと即座にそれを否定する。そして「妥協案はなしと決めて知恵を出せ」と発破をかけ続ける。その裏には、強い覚悟を決めて、本質的なブレイクスルーを狙う姿勢を貫き通さない限り、世の中を驚かす技術革新など成しえないという人見の確信がある。4年前のリッター30キロのガソリンエンジンも、開発時に「ハイブリット方式という道はわれわれにはない。エンジンそのものの進化を絶対に求め続ける」という人見の強い覚悟から生まれたものだ。前人未踏のエンジンを生み出すために、「逃げ道を断つ」ことを人見は自分にも部下にも貫き通している。

写真ふだんは温厚だが、会議では厳しい表情を見せる


アイデアを出さざる者、技術者にあらず

人見は細かな課題の解決策を現場の部下に考えさせるだけでなく、みずから一エンジニアとしてアイデアを出すことにこだわっている。みずから考案したアイデアが、決して成功につながらなかったとしても、アイデアを出し続けることが世の中に革新をもたらす技術者としてのプライドであると人見は考えている。その一方で、部下がアイデアを出してきたら、それがどのようなものであっても尊重し、試させる。自分がアイデアを出し、ブレイクスルーを狙うという技術者のプライドがぶつかりあう現場こそ、開発において大切なものだと人見は考えている。

写真課題が解決するまで人見はとことん考え続ける


プロフェッショナルとは…画像をクリックすると動画を見ることができます。

自分のやっている領域で、理想像、究極の姿が描ける。そして、理想に向かって道のりが描ける。そういう人のことだと思います。そして確実に、理想に向かって進歩できる、まあそういう人じゃないですかね。

自動車エンジン開発 人見光夫


The Professional's way of thinking(プロフェッショナルの発想)

自動車の量産化が始まって100年。その長い歴史の中で、リッター30キロという革新的なガソリンエンジンを生み出した背景には、開発課題を徹底的に絞り込むという、人見独自の発想が秘められている。膨大な数の部品によって成り立っているエンジンの性能を向上させるため、これまであまたの技術者がさまざまな角度から開発に取り組んできた。しかし、人見は、最も本質的だとにらんだ7項目にまで課題を絞り込み、そこに資金と人材を徹底的に集中させたのだ。そして、その絞り込んだテーマに関して、誰も取り組んだことがないような常識外れまで振り切った実験をしろと部下達に命じた。「じわじわ、こつこつやるだけでは、新しい発見なんてできない。誰も行っていないことをやって初めて見えてくるものがある」と人見は信じている。

写真4年前のリッター30キロの低燃費エンジンは、人見の独自の発想から生まれた
写真発売目前の車はみずから乗車し乗り心地を確認する