スマートフォン版へ

メニューを飛ばして本文へ移動する

これまでの放送

第95回 2008年8月26日放送

つきつめろ、そして、つきぬけろ 科学者・小池康博


技術=子ども

高速通信用のプラスチック製光ファイバーや液晶ディスプレイ用バックライトなど、暮らしを変える新技術を次々と生み出してきた小池。「自分の研究というのは、自分の子供みたいなものです。自分の生きがいです」と語る。その思いから、小池は技術を開発して終わりではなく、その技術が世の中で広く使われることを目指す。誰にも簡単に、かつ安価に使えるようになるまで、丁寧に育て上げていく。

写真


心のままに、発想する

日々忙しく飛び回る小池。たまの息抜きが、頭の中に浮かんだメロディを即興でピアノ演奏することだ。これまで200曲以上を作曲してきたという。湧き上がってきたイメージを形にする。それは、本業の研究においても変わらない小池のスタイルだ。理屈で考えがちな科学の世界だが、わき上がる直感に従う方が、常識にとらわれず、革新的なものができると、小池は考えている。

写真


根本をつきつめろ

研究を続けていると、必ず壁にぶち当たる。そんな時、小池には貫く流儀がある。目の前の壁を見るのではなく、研究の原点に立ち返り、根本を見つめなおすこと。たとえ遠回りのように感じられても、それこそが真理にたどり着く最短の道だと信じるからだ。小池はこの流儀を、プラスチック製光ファイバー開発時に味わった、14年に及ぶ挫折の末につかみ取った。さまざまな原因不明の壁が立ちふさがる中、小池は「光とは何か?」という根本的な疑問を持つようになる。それがブレイクスルーにつながり、ノーベル賞級と言われる技術開発を成し遂げたのだ。

写真


プロフェッショナルとは…

誠実に一歩一歩未来をつくっていく。未来をただ予測するのではなくて未来をつくっていける人がプロフェッショナルだと思います。

小池康博

関連情報


Blog