開示等の求めへの対応状況

3.「再検討の求め」への対応状況

個人情報 答申第12号

平成26年5月14日

NHK情報公開・個人情報保護審議委員会の個人情報諮問第12号に対する意見

1 再検討の求めに至る経緯

本人より、「本人に係る自宅面談事跡・NHK施設での面談事跡・電話事跡・文書照会時の事跡」及び「事跡ごとに対応されたNHK従業者の氏名、事跡の処理日・登録日」について個人情報の開示の求めがあった。

NHKは、「本人に係る対応年月日、受付形態、内容及び処理日・登録日」については開示したが、本人と対応したNHK従業者の氏名は開示することができないとした。

本人は、再検討の求めとして「本人に係る自宅面談事跡・NHK施設での面談事跡・電話事跡・文書照会時の事跡」の省略等がされていない原文とNHK従業者氏名の開示を求めた。

2 NHKの見解の要旨

NHKは開示の求めの文書としてすでに「本人に係る自宅面談事跡・NHK施設での面談事跡・電話事跡・文書照会時の事跡」を開示したが、さらに平成25年12月1日本人がかけてきた電話の通話記録がNHKふれあいセンターにあるので、当該記録の本人発言部分のみを開示することとする。また、NHK従業者の氏名は本人の保有個人データではないところ、誤って開示の求めの対象と解して取り扱ったもので、再検討の求めをすることはできない。

3 審議委員会の判断

開示の求めの文書として、「本人に係る自宅面談事跡・NHK施設での面談事跡・電話事跡・文書照会時の事跡」を開示したことおよび平成25年12月1日のNHKふれあいセンターの通話記録の本人発言部分を開示することとしたこと、いずれのNHKの取り扱いも妥当である。

4 審議の経過
平成26年 5月14日 (第193回審議委員会) 個人情報 第12号 諮問、審議、答申

TOP