報道・著述・学術研究分野の個人情報の保護について

報道・著述・学術研究分野の個人情報の保護について

個人情報については、今日の情報化の進展や個人の権利意識の高まりの中で、一層慎重な取扱いが求められています。

「個人情報の保護に関する法律」(平成17年4月1日全面施行)では、「報道」、「著述」、「学術研究」の目的で個人情報を取り扱う場合、個人情報取扱事業者の義務等を定めた規定の適用が除外されていますが、その一方でこれらの適用除外分野についても個人情報の適正な取扱いを確保するために必要な措置を自ら講じて公表するよう努めなければならないとされています。

もとより適用除外とされた「報道」、「著述」、「学術研究」の分野については、報道の自由、表現の自由、学問の自由を堅持していく観点から、NHKが保有する個人情報は自主的、自律的にこれを適切に扱うべきことは言うまでもありません。 NHKは、この基本的立場と社会的背景を踏まえ、NHKの取り扱う「報道」、「著述」、「学術研究」分野の個人情報の保護について以下の規程を定めましたので、これに則り適正に取り扱います。