技術情報 NHK information
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved. 許可なく転載を禁じます。
◆世界初!スーパーハイビジョン(8K)
HEVC符号化装置を開発
(平成25年5月9日)


□ 日本放送協会(会長:松本正之/以下、NHK)と三菱電機株式会社(執行役社長:山西健一郎/以下、三菱電機)は共同で、世界初となる スーパーハイビジョン(8K/以下、SHV)対応のHEVC*1)符号化装置を開発しました。

□ HEVCは、今年、国際標準化される最新の映像符号化方式で、既存の符号化方式AVC*2)の約2倍、現行のデジタルハイビジョン放送で使用しているMPEG-2の約4倍の圧縮効率を実現します。

□ 今回の開発では、大容量のSHV 映像を横方向の短冊状に17分割し、それぞれの領域での符号化処理を並列化することにより、SHV映像をリアルタイムで符号化することを可能としました。符号化処理に必要な移動する物体の速さや方向などの動き情報を複数の領域間で共有することで、これまで課題であった分割した領域のつなぎ目の画質劣化を抑制しています。

□ この研究成果は、5月30日(木)〜6月2日(日)に開催するNHK放送技術研究所の一般公開「技研公開2013」でご覧いただけます。NHKと三菱電機は、SHVの特徴の一つであるフレーム周波数120Hzのリアルタイム符号化の実現に向けて、今後も研究開発を推進していきます。

 *1) HEVC(High Efficiency Video Coding):
MPEG-H HEVC/H.265。ISO( 国際標準化機構)/IEC( 国際電気標準会議) とITU(国際電気通信連合)が共同で標準化を進める映像符号化方式
 *2) AVC(Advanced Video Coding):
MPEG-4 AVC/H.264。ISO/IECとITUが共同で2003年に標準化した映像符号化方式。現行のデジタルハイビジョン放送で使用されているMPEG-2に対して約2倍の圧縮効率を実現


 
 
 
ページトップにもどる
経営情報へ戻る前に戻る