NHK INFORMATION
技術情報

  ◆ハイビジョン移動中継用OFDM-FPU実験機の開発
〜マラソンのハイビジョン中継の実現を目指して〜
(平成13年2月22日)

○ NHKではマラソンや駅伝などのロードレースをハイビジョンで中継するため、800MHz帯を使用した、ハイビジョン移動中継用のOFDM-FPUの実験機を開発しました。

○ 現在、ロードレース中継では主に800MHz帯のFPUが使用されています。移動中継では、受信される電波が変動するフェージングと呼ばれる現象が生じるため、フェージングに強いOFDM方式を用いることが有効です。すでに標準テレビ用のOFDM-FPUを、実際の中継で使用しています。

○ 今回開発した実験機は、ハイビジョンに必要な伝送容量を確保するため、18MHz以下の帯域を使い、変調方式については標準テレビ用の方式から、より高効率な多値QAMまで幅広く実験することができます。

○ また、3基のアンテナから最適な信号合成を行う、新しい帯域分割ダイバーシチ受信方式を用いることにより、さらに安定な伝送を確保しています。

○ 今後、実験免許により実際の中継コースで様々な方式について実験を行い、FPUの技術条件の審議に寄与していきます。



送信装置および受信装置の外観












技術情報一覧
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved. 許可なく転載を禁じます