放送法第20条第2項第2号および第3号の業務の基準 NHK information
 
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved. 許可なく転載を禁じます。
放送法第20条第2項第2号および第3号の業務の基準(PDF291KB)

(参考)放送法
 
 (業務)
第20条
  協会は、前項の業務のほか、第15条の目的を達成するため、次の業務を行うことができる。
   協会が放送した又は放送する放送番組及びその編集上必要な資料その他の協会が放送した又は放送する放送番組に対する理解の増進に資する情報(これらを編集したものを含む。次号において「放送番組等」という。)を電気通信回線を通じて一般の利用に供すること(放送に該当するもの及び協会のテレビジョン放送による国内基幹放送の全ての放送番組を当該国内基幹放送と同時に一般の利用に供することを除く。)。
   放送番組等を、放送番組を電気通信回線を通じて一般の利用に供する事業を行う者(放送事業者及び外国放送事業者を除く。)に提供すること(協会のテレビジョン放送による国内基幹放送の全ての放送番組を当該国内基幹放送と同時に提供することを除く。)。
     
  協会は、第二項第二号又は第三号の業務を行おうとするときは、次に掲げる事項について実施基準を定め、総務大臣の認可を受けなければならない。これを変更しようとするときも、同様とする。
   第二項第二号又は第三号の業務の種類、内容及び実施方法
   第二項第二号又は第三号の業務の実施に要する費用に関する事項
   第二項第二号の業務にあつては、当該業務に関する料金その他の提供条件に関する事項
   その他総務省令で定める事項

無料業務の実施経費(25年度実績)(PDF 71KB)

 
ページトップ
経営情報へ戻る