NHK INFORMATION
業務報告書


第3章 放送番組に関する世論調査及び研究



1 放送番組に関する世論調査

(1) 視聴率調査

 6月及び11月、それぞれ3,600人を対象に、7日間にわたり、テレビジョン・ラジオ番組の全国個人視聴率調査を実施した。調査の結果、NHKのテレビジョン番組では、「秀吉」、「日曜夜8時45分のニュース・天気予報」、「ふたりっ子」、「大相撲九州場所」、「ひまわり」、「NHKのど自慢」、「NHKニュース7」等が高い視聴率を示した。ラジオ番組では「ラジオ体操」、「朝7時のニュース・天気予報」、「きょうの国際情報」、「朝6時40分のニュース・ビジネス情報」等が比較的高い聴取率を示した。テレビジョンの視聴時間量(1日平均)は、6月の調査では3時間34分、11月の調査では3時間47分であった。

4月及び10月、関東地方でそれぞれ1,128人を対象に、7日間にわたり、テレビジョン番組の個人視聴率調査を実施した。

(2) 放送意向調査

6月、「ラジオ聴取状況」について、1,800人を対象に、9年3月、「テレビと情報行動」について、3,600人を対象に、全国調査を実施した。

(3) 国民世論調査

6月「日本人とスポーツ」について、7月「政府の役割」について、8月〜9月、11月〜12月、9年2月〜3月、「くらしと政治」について、それぞれ1,800
人を対象に全国調査を行った。
調査結果は、放送番組の編成及び制作に当たり活用した。

(4) 全国県民意識調査

6月〜7月、各都道府県の住民のものの考え方や感じ方等にどのような特徴があるのかを明らかにするため、全国4万2,300人を対象に調査を実施した。
その結果、各都道府県の住民の意識には、調査項目によってはかなり大きな地域差があることなどが明らかになった。
調査結果は、放送番組の編成及び制作に当たり活用した。

(5) 選挙世論調査

小選挙区比例代表並立制の下で初めて行われた第41回衆議院議員総選挙に際し、選挙に対する関心や政治意識等について、全国調査及び選挙区調査を行ったほか、11月兵庫県で、参議院選挙区補欠選挙について調査を行った。
知事選挙について、7月、山口県で、10月、岡山県で、それぞれ調査を行った。
調査結果は、選挙報道等に当たり活用した。

2 放送番組に関する調査研究

(1) 国際化時代における放送に関する研究
主要国の放送制度に関する理論的・体系的な研究を進めたほか、戦後50年に関連した各国のニュース・番組の比較研究等を進めた。

(2) 放送学の研究

多メディア・多チャンネル時代におけるメディア特性に応じた放送のあり方に関する調査研究や放送コミュニケーションについての研究を進めた。

(3) 教育番組に関する研究

2年ごとに実施している学校放送利用状況調査を行うとともに、幼児の視聴態様についての調査研究等を進めた。

(4) 放送用語の調査研究

放送用語委員会において、放送用語に関する基本的事項、各種放送番組の用語や文章構成等について検討を行った。また、現代人の言語意識や使用実態についての総合的な調査研究を進めた。

(5) 内外放送事情の調査研究

主要各国の公共放送や衛星放送に関する情報、放送のデジタル化の動向等、内外の放送関係情報・資料を収集し、これらに基づいて調査研究を進めた。なお、「NHKデータブック世界の放送1996」及び「NHK年鑑,96」を刊行した。

(6) 「20世紀放送史」編集のための調査研究

20世紀に生まれ、社会の発展と文化の創造に大きな役割を果たしてきた放送の歴史を「20世紀放送史」として編集し、21世紀初頭に刊行するため、資料の収集・整備及び放送関係者に対する聞き取り調査を行うとともに、放送史年表を取りまとめるなど調査研究を進めた。

3 放送文化研究委員会

調査研究の基本計画については、部外学識経験者によって構成される放送文化研究委員会において審議した。

4 調査結果及び研究成果の公表

調査の結果及び研究の成果は、「放送研究と調査」、「放送文化調査研究年報」等を通じて公表し、新聞社、通信社、一般放送事業者、関係諸官庁、大学、調査研究機関、図書館等に送付して、広く利用に供した。
また、全国各地で「NHK放送文化セミナー」等を開催して発表を行うとともに、関係の学会においても研究発表を行ったほか、放送博物館において展示を行った。


back

 
Copyright 2005 NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved. 許可なく転載を禁じます