「今後の朝鮮方針の
綿密な打ち合わせ」安倍総理

北朝鮮の非核化などをめぐって、安倍総理大臣は22日夜、アメリカのトランプ大統領と電話で会談しました。このあと安倍総理大臣は記者団に対し、最新の情勢分析と今後の対応方針について打ち合わせを行ったと説明したうえで、アメリカに加え、韓国、ロシア、中国と協力を進め、拉致・核・ミサイル問題の解決に全力で取り組む考えを強調しました。

安倍総理大臣は22日午後9時半すぎからおよそ40分間、総理大臣公邸でアメリカのトランプ大統領と電話で会談しました。

このあと安倍総理大臣は記者団に対し、「トランプ大統領と北朝鮮情勢について話をした。歴史的な米朝首脳会談から2か月が経過したが、最新の情勢分析を行い、今後の北朝鮮に対する方針の綿密な打ち合わせを行った」と述べました。

そのうえで安倍総理大臣は「改めて日本の拉致問題に対する取り組みを説明し、今後の協力についてトランプ大統領に改めて依頼し、トランプ大統領からもしっかりと日本の考え方にそって協力していくという話があった」と述べました。

そして、安倍総理大臣は「朝鮮半島の完全な非核化を実現するという方針は日米は完全に一致している。こうした日米の取り組み、さらには韓国、ロシア、中国との協力を進めていくことによって核問題、そしてミサイル問題、何よりも重要な拉致問題の解決に向けて全力で取り組んでいきたい」と述べました。

安倍総理大臣がトランプ大統領と電話で会談するのは、ことし6月の史上初の米朝首脳会談のあと以来、およそ2か月ぶりです。