輪パラ延期の場合の
経費を試算する」小池知事

東京都の小池知事は24日開かれた都議会で、東京オリンピック・パラリンピックについて「大会を延期する場合に、どの程度の経費が必要になるか、今後、組織委員会とともに試算を行っていく」と述べ、大会が延期になることも想定して準備を進める考えを示しました。

東京都議会は、24日、都の新年度予算案について審議する委員会が開かれ、新型コロナウイルスや東京オリンピック・パラリンピックなどについて議論が交わされました。

この中で、都民ファーストの会は東京大会の開催について、「どのような場合にどの程度の費用になるのか、シミュレーションをしっかり行う必要があるが、知事の見解を伺う」とただしました。

これに対して、小池知事は「現行のスケジュールで大会を開催する場合や大会を延期する場合について、どの程度の経費が必要になるか、今後、組織委員会とともに試算を行っていく」と述べました。

そのうえで、「こうした分析などを踏まえ、国、組織委員会、IOCなど関係機関としっかり協議していく」と述べ、大会が延期になる場合も想定して準備を進める考えを示しました。