韓首脳会談「両首脳が
直接向き合い 有意義」

24日行われた日韓首脳会談について、菅官房長官は、「徴用」をめぐる問題で、安倍総理大臣が、韓国政府の責任で解決策を示すよう求めたことなどを踏まえ、両国の首脳が直接向き合って会談したことは有意義だったという認識を示しました。

安倍総理大臣は24日、訪問先の中国で韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と会談し、「徴用」をめぐる問題について、韓国政府の責任で解決策を示すよう求めました。

これについて、菅官房長官は記者会見で、「最大の課題である旧朝鮮半島出身労働者問題で、直接、早期の解決を求め、外交当局間の協議を継続することで一致した。また、北朝鮮問題への緊密な連携を改めて確認するとともに、拉致問題の日本の立場に理解を得た」と述べました。

そのうえで菅官房長官は「両首脳が久々に直接、向き合って会談を行ったことは有意義だったと思う。今後の日韓首脳会談は、現時点で何ら決まっているわけではないが、一般論として言えば、さまざまな状況を総合的に勘案して適切に対応していきたい」と述べました。