国側が健全な関係に
戻るきっかけを」首相会見

安倍総理大臣は訪問先の中国で記者会見し、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領との首脳会談で、「徴用」をめぐる問題について、韓国側が解決策を示し、健全な関係に戻るきっかけを作るよう求めたことを明らかにしました。一方、北朝鮮情勢をめぐって、「日中韓3か国は米朝プロセスの進展を完全に支持し、さらなる挑発行動は自制すべきだというのが一致したメッセージだ」と述べました。

日中韓3か国の首脳会議に出席するため、中国を訪れている安倍総理大臣は韓国のムン・ジェイン大統領との日韓首脳会談に臨んだあと、日本時間の午後6時すぎから、現地で記者会見を行いました。

日韓関係

この中で安倍総理大臣は日韓関係について、「現在の東アジアを取り巻く厳しい安全保障環境の下で、日韓の協力は極めて重要だが、国交正常化の基礎となった日韓基本条約や日韓請求権協定が守られなければ、国と国との関係は成り立たない」と指摘しました。

そのうえで安倍総理大臣は「ムン大統領には旧朝鮮半島出身労働者問題に関するわが国の立場を伝え、国と国との約束を順守してもらいたいと改めて申し上げた。韓国側の責任で解決策を示すべきで、日韓関係を健全な関係に戻していくきっかけを作るよう求めた。ムン大統領との間では対話による解決の重要性について確認した」と述べました。

北朝鮮情勢

一方、北朝鮮情勢について安倍総理大臣は「日中韓3か国は北朝鮮によるたび重なる弾道ミサイルの発射に強い懸念を有するという認識で一致した。3か国は米朝プロセスの進展を完全に支持し、プロセスが正念場を迎える中で、さらなる挑発行動は自制すべきだというのが一致したメッセージだ」と述べました。

また、「朝鮮半島の完全な非核化に向けて、3か国が協力し、それぞれができるかぎりの努力を行っていく認識を共有した」と述べました。

そのうえで、「北朝鮮には平和的な対話を通じて、完全な非核化に取り組むよう改めて強く求めたいし、国際社会が協力して米朝プロセスを後押ししながら、北朝鮮に非核化を求めていかなければならない」と述べました。

さらに拉致問題については「早期解決を目指すわが国の立場に中国、韓国に理解をいただいた」と述べました。

日中韓 首脳会議

また安倍総理大臣は日中韓3か国の首脳会議について、この20年で幅広い分野での協力を進めてきたとして、「隣国ゆえにさまざまな課題がある中でも、民間どうしの交流は途絶えることなく続いてきた。その時々の政治情勢には左右されない、分厚い交流の基盤をつくり上げていくことが原点だ」と指摘しました。

日中首脳会談と習主席の訪日

さらに23日の日中首脳会談について、安倍総理大臣は香港情勢や新疆ウイグル自治区における人権状況に加え、東シナ海や南シナ海の安全保障情勢をめぐっても意見を交わしたことを明らかにし、「課題があるからこそ、対話を続けなければならない。たゆまぬ交流を続けることで、新時代の成熟した日中関係を構築していく考えだ」と述べました。

そのうえで来年春に予定している中国の習近平国家主席による国賓としての日本訪問について、「日中両国はアジアや世界の平和、安定、繁栄に対する大きな責任を有しており、習主席の国賓訪問を、その責任を果たす意志を明確に内外に示していく機会としたい」と述べました。

東京五輪・パラリンピック

そして安倍総理大臣は来年の東京オリンピック・パラリンピックについて、「世界の平和と安定に向けた、力強いメッセージをこの地域から発信していく大会にしたい」と述べました。