マスク 3月13日から個人判断 混雑する電車やバスは着用推奨

新型コロナ対策としてのマスクの着用について、政府は、3月13日から屋内・屋外を問わず個人の判断に委ねる方針を決定しました。

政府は、2月10日夕方、新型コロナウイルス対策本部を持ち回りの形式で行いました。

そして、マスクの着用について、3月13日から屋内・屋外を問わず個人の判断に委ねるとした上で、医療機関を受診する際や通勤ラッシュ時といった混雑した電車やバスに乗る際などには、マスクの着用を推奨するなどとした方針を決定しました。

また新型コロナの流行期に、重症化リスクの高い人が混雑した場所に行く際には、感染対策としてマスクの着用が効果的であると周知するとしたほか、症状がある人や同居家族に陽性者がいる人などは、外出を控え、通院などでやむをえず外出する際には、人混みを避けマスクを着用するよう求めています。

さらに学校教育の現場では、新学期となる4月1日から着用を求めないことを基本とするほか、それに先立って行われる卒業式は、その教育的意義を考慮し、児童・生徒などは着用せずに出席することを基本とするとしています。

マスク着用が効果的な場面

マスクの着用が効果的な場面について、厚生労働省は
▽医療機関を受診する時や
▽重症化リスクの高い人が多い医療機関や高齢者施設などを訪問する時
▽通勤ラッシュ時など混雑した電車やバスに乗車する時
3つの場面だとしたうえで国民に対して周知することにしています。

このほか重症化リスクの高い人が流行期に混雑した場所に行く時にもマスクの着用が効果的であることを周知するということです。

一方、症状がある人や感染者本人、同居する家族に感染者がいる人は、周囲に感染を広げないため外出を控え、通院などでやむをえず外出する場合は人混みを避けマスクを着用するよう求めています。

また重症化リスクの高い人が多くいる医療機関や高齢者施設などの職員については勤務中のマスクの着用を推奨するとしています。

このほか、企業などの事業者については、感染対策上の理由や業務の内容などによっては利用者や従業員に対してマスクの着用を求めることは許容されるとした上で、各業界団体にマスク着用に関するガイドラインの見直しを行うよう求めています。

厚生労働省はマスクの着用が効果的な場面などをまとめたリーフレットを作成し、ホームページなどで分かりやすく周知することにしています。

公共交通機関での考え方

政府が公表した公共交通機関でのマスク着用の考え方によりますと、公共交通機関を含め「屋内では基本的にマスクの着用を推奨する」としている現在の取り扱いを改め、3月13日以降は、おおむね全員の着席が可能な新幹線や航空機、船、タクシーそれに高速バスなどではマスクを外すことを容認します。

一方で、通勤ラッシュなど混雑した電車やバスでは、周りの人に感染を広げないためマスクの着用を推奨するとしています。

国土交通省によりますと、混雑していない電車やバスでのマスクの着用については「各事業者の判断に委ねる」としています。

国土交通省は今後、こうした考え方について公共交通機関の各業界団体などに周知し、ガイドラインの見直しや利用者への丁寧な対応を求めることにしています。

マスク着用の有効性は

新型コロナウイルス対策として行われるマスクの着用の有効性について、京都大学の西浦博教授ら厚生労働省の専門家会合のメンバーなどは科学的知見をまとめた資料を2月8日の会合で示し、10日に改定された基本的対処方針でも今後の対策でこうした知見を踏まえるものとされました。

それによりますと、マスクは会話やせきをする際に他者に感染させないことと自分が感染しないことが目的で、新型コロナでは発症前の潜伏期間におよそ半数の感染が起き、症状が出ない人からも感染が広がりやすいことが知られているとしています。

その上でマスクの着用の有効性について各国の78件の研究を解析した結果では、マスク着用者の1週間あたりの感染リスクは着用していない人に比べ0.84倍に下がり、2週間あたりだと0.76倍に下がると推定されたとしています。

また、各国の研究21件を解析した結果では、マスク着用がコミュニティ全体で推奨された場合は、新規感染者数や入院患者数、死者数を減少させる効果があることが示唆されたとしています。

さらに、アメリカの研究では、マスクの着用者が10%増えるとそうでない場合に比べて3.53倍、流行が制御しやすくなると推定されたとしています。

資料では各国のマスク着用の状況についてもまとめていて、韓国では公共交通機関や病院など一部の施設を除き、屋内のマスク着用義務を解除したものの多くの市民が着用を続けているとされるほか、カナダではマスク着用は個人の選択としながらも屋内の公共スペースでマスク着用が推奨されているとしています。

加藤厚労相「マスク着用見直すが、基本的な感染対策は重要」

加藤厚生労働大臣は、持ち回り形式での新型コロナ対策本部の終了後、記者会見を行いました。

この中で加藤大臣は「新型コロナの感染状況は新規感染者数、重症者数は低下傾向が続いている。現在の感染状況や厚生労働省の感染症部会、専門家会合の議論も踏まえ、マスク着用の考え方を改め、個人の判断に委ねることを基本とする。国民への周知期間や各業界団体や事業者の準備期間も考慮し、3月13日から適用する」と述べました。

その上で、医療機関を受診する時、高齢者施設を訪問する時、通勤ラッシュなど混雑した電車やバスに乗車する時を挙げ「高齢者など重症化リスクが高い人への感染を防ぐため、マスクの着用をお願いしたい」と述べました。

さらに「感染が大きく拡大している場合には、今後も一時的に場面に応じた適切なマスクの着用を国民に呼びかけるなど、強い感染対策をお願いすることがありうる」と述べました。

そして「マスク着用の考え方を見直すが、基本的な感染対策は重要だ。3月13日からの適用が円滑に行われるよう、国民や事業者への周知など万全の準備を進めていく。国民の皆さんには3月12日までは、従前の対応をお願いしたい」と呼びかけました。

学校では4月から「着用を求めないことを基本」

マスクの着用をめぐって文部科学省は、政府の方針を踏まえて2月10日、4月以降の新学期や、3月の卒業式における考え方を、全国の教育委員会などに通知しました。

通知では4月以降の学校での教育活動について「マスクの着用を求めないことを基本とする」と明記していて、「教育活動」には体育を含めた授業全般や合唱、運動部の活動などが含まれるということです。

また卒業式についてはマスクを着用しないことを基本としますが、国歌や校歌の斉唱、複数の児童、生徒によるいわゆる「呼びかけ」などではマスクなどの対策をした上で実施するように求めています。

また来賓や保護者の参加人数について「感染対策上での制限は必要ない」としていて、そうした人たちにはマスクの着用を求め、座席間の距離を確保するということです。

合わせて、基礎疾患などさまざまな事情でマスクの着用を希望する児童生徒がいることなどから学校などがマスクの着脱を無理強いしないようにすることや、差別が起きないよう適切に指導を行うことを求めています。

永岡文部科学大臣は記者会見で「マスク着用の考え方の見直しは3月13日から適用されるが、学校についてはその時期が学年末にあたることなどを考慮し、円滑な移行を図る観点から新年度となる4月1日から適用する。そして、学校教育活動の実施にあたりマスクの着用は求めないことを基本とする」と述べました。

また、卒業式については「卒業式はほかの学校教育活動に比べて感染リスクが低いこと、また、ことし卒業を迎える子どもたちがコロナ禍で過ごしてきたことなどを踏まえ、教育的意義を考慮し、社会一般でのマスク着用時期にかかわらず、換気の確保などの感染症対策を講じた上で、児童、生徒、教職員はマスクを着用せず出席することを基本とする」と述べました。

学校現場からはさまざまな声

学校教育の現場では、新学期となる4月1日からマスクの着用を求めないことを基本とするほか、それに先立って行われる卒業式は、その教育的意義を考慮し、児童・生徒などは着用せずに出席することを基本とするとしています。

こうした方針について、東京 新宿区にある西新宿小学校の児童に話を聞きました。

3月に卒業式を控える6年生の女子児童は「3年ぶりに友達の顔が見られるしワクチン接種もしているので卒業式当日はマスクを外すつもりです」と話していました。

また別の6年生の女子児童は「感染のリスクが高まるので私はマスクを着けます。みんなと過ごす最後の日なので、個人の考え方は違うかもしれませんが一緒に卒業式を楽しみたいです」と話していました。

この小学校は、政府の方針を受けて卒業式のマスク着用について改めて検討し、2月中にも保護者に伝えることにしています。

一方、授業などではおよそ3年間、マスクの着用を続けています。

10日に行われた4年生の音楽の授業でも、マスクを着けて歌ったり、飛まつの飛散防止のためリコーダーの吹き口の周りに筒状の器具を付けて吹いたりする様子が見られました。

女子児童は「マスクを着けていると息苦しいと思っていたので新学期から外せるようになるならうれしいです」と話していました。

男子児童は「新型コロナがはやってから大きな声で会話をしなくなりクラスのにぎやかさが失われてしまったと思います。マスクを外して友達の顔を見たいけれど、感染しないためには予防が大切なのでこれからもマスクを着けたいです」と話していました。

西新宿小学校の長井満敏 校長は「マスクを外すことを気にする子どももいるため、徐々に慣れていってもらうことが必要だと思います。マスクについてはさまざまな考えがあるため、できるかぎり個人や家庭の判断を尊重したいと思います」と話していました。

十分な距離確保できず 卒業式でマスク着用の学校も

愛媛県松山市の三津浜中学校では、1か月後の卒業式でこれまでどおり出席者全員に原則マスクの着用を求める予定です。

その大きな理由として、感染対策に十分な生徒どうしの距離が確保できないことを挙げています。

卒業式ではコロナ禍で制限していた卒業式の来賓などを通常に戻して出席者の数を増やす予定で、会場となる体育館で生徒どうしの十分な距離が確保できないおそれがあるということです。

このため、感染対策として引き続きマスクの着用が必要だと判断したということです。

岡井博之 校長は「出席者を増やすことを優先し、マスクを外すことは断念した」と話していました。

一方、生徒たちの受け止めはさまざまです。

3年生の男子生徒は「3年間ずっとマスクだったので最後の卒業式ぐらいはマスクを外したい」と話していました。

3年生の女子生徒は「マスク込みで人間関係ができているので、マスクを外した自分の顔を見せたいとも友達の顔を見たいとも思わない。卒業式だけ外すと言われても困る」と話していました。

尾身会長「感染させない配慮を持ってマスクの着用を判断」

基本的対処方針分科会の尾身茂 会長は今後のマスク着用の考え方について「国や専門家が一つ一つの場面でのマスク着用の必要性の有無を『箸の上げ下ろし』まで細かく示すというのは今ではふさわしくなく、基本的には人々の判断や選択に任せることが重要だというのが専門家の一致した意見だ」と説明しました。

そして尾身会長は「マスクは万能ではないが、感染対策には一定の効果がある。高齢化が進んだ日本で高齢者の間でクラスターなど大きく感染が広がれば多くの人が亡くなってしまう。こうした重症化リスクの高い人たちが感染する機会をなるべく減らしたほうがよく、そのために配慮することが重要だ」と述べ、他人に感染させない配慮を持ってマスクの着用を判断してほしいという考えを示しました。

その上で「どこで感染しやすいか、ごく小さな飛まつを通じてでも感染するというのは変わっていない。不特定多数の人が集まる場所では高齢者や人工透析を受けている人など重症化リスクの高い人たちもいる。混雑した公共交通機関を含め不特定多数の人がいて、換気が悪く、密になるような、感染リスクの高い場面ではこれからもマスクの着用を考えてもらってもよいのではないかと思う」と述べました。

一方で「会社などいつも会っている人たちがいる場で、重症化リスクの低い若い人たちしかおらず、みんなワクチンも打っているという状況は不特定多数の人がいる場面とは明らかに違う。高齢者もいないし、高齢者と生活している人もいないと言うことなら、ややリラックスしてもいいという判断もできるのではないか」と述べました。

政府分科会 舘田教授「必要ないから外してよい、ではない」

今後のマスク着用の考え方について政府の分科会メンバーで東邦大学の舘田一博 教授は「大事な感染対策は維持しつつ緩和できることはないか、マスクの使い方も含めて考え方を変えていく時期にさしかかっている。コロナに感染してもワクチンや治療薬によって、多くの人はかぜのような症状ですむようになったが、高齢者や基礎疾患がある人は死亡のリスクが高まることを1人1人が理解し、周りの人を感染させてしまうとどんなことが起きるのか想像しながら、場合に応じてマスクを使うことが大事だ」と話しています。

その上で「一生に一度の卒業式や友達と過ごす最後の機会で、話を静かに聞くような場面ではマスクを着ける必要性は下がるが、式の後、友達どうしで集まって大声で騒ぐような場面ではマスクを着けたほうがいいかもしれない。また、高齢者や持病がある人と同居していて、家にウイルスを持ち込まないために、積極的にマスクを着けたいと思う子どももいるかもしれない。それぞれの思いや判断を尊重することが大切で、差別や偏見が起きないよう、注意しなければいけない」と指摘しました。

そして「マスク着用をめぐって、緩和する方向ばかり注目されがちだが、強調したい最も重要なことはマスクは今でも一定の効果がある大事な感染対策だということだ。効果がない、必要ないから外してよい、ということではない。たとえば高齢者や持病がある人も含めた不特定多数の人と密になるような電車内や、重症化リスクが高い人が多い医療機関などでは、自分を感染から守るためだけでなく、周りを感染させず、不安を与えないためにマスクを使っていくことが必要になる」と強調しました。