自民 麻生副総裁と茂木幹事長会談 人事めぐり意見交換

岸田政権で党運営の要を担う自民党の麻生副総裁と茂木幹事長が14日夜会談し、岸田総理大臣が来月中旬にも行う方向で検討を進めている内閣改造や自民党の役員人事をめぐり意見を交わしました。

麻生副総裁と茂木幹事長の会談は14日夜、都内の飲食店で食事をとりながら、およそ2時間半行われました。

会談で両氏は、岸田総理大臣が来月中旬にも行う方向で検討を進めている内閣改造と自民党の役員人事のほか、今後の政権運営などをめぐり意見を交わしました。

報道各社の世論調査で内閣支持率が下落傾向にある中、党内第2派閥の麻生派と第3派閥の茂木派が結束して岸田政権を支えていくことを確認したものとみられます。