クラシック車で廃品回収
共同通信社

「オート三輪」と「三輪トラック」

今日のソレナニ図鑑は、戦後の息吹を伝えてくれる乗り物の代表格「オート三輪」を紹介します。

「オート三輪」とは文字通り三輪の自動車のことですが、その名に「オート」とつく理由は、もともと、オートバイの後輪が2つになったものを「オート三輪」と呼んだことから。後輪に荷台をつけた、いわば簡易トラックですね。大正時代に登場し、終戦から1950年代ごろまで盛んに生産されました。狭い道でも小まわりが利き、舗装されていない道路でも使えるとあって、欠かせない乗り物だったのです。

一大ブームを巻き起こした「ミゼット」

その後、小型の四輪トラックが台頭すると「オート三輪」はその勢いに押され、代わりに同じく三輪の「軽三輪トラック」が登場します。1957年(昭和32年)にダイハツ工業が「ミゼット」を発売すると、本格的な軽三輪トラックブームの時代がやって来ます。商品名を連呼する生テレビCMも評判を呼び、瞬く間に大ベストセラーとなります。たぶん、みなさんの記憶にある「オート三輪」は、この「軽三輪トラック」のほうでしょう。ミゼットシリーズはその後1972年(昭和47年)まで生産され、長らく「軽三輪トラック」「オート三輪」の代名詞ともなりました。

走る姿は昭和の象徴

一世を風靡した「軽三輪トラック」ですが、そのブームはあまり長くはありませんでした。1960年代に入ると、庶民の小型貨物自動車の地位を、より安全で快適な四輪トラックへ譲り渡してしまいます。しかし、昭和の古き良き時代に活躍した「オート三輪」は、昭和30年代を舞台とした映画の中でも、時代を象徴する印象的な小道具として使われています。

例えば、『ALWAYS 三丁目の夕日』では、主人公の六ちゃんが就職する「鈴木オート」の営業車にオート三輪が登場したり、『となりのトトロ』では、サツキとメイの一家がオート三輪へ家財道具を満載して引っ越したり。『稲村ジェーン』での荷台にサーフボードを乗せて畑の中の道を駆ける姿も印象的です。昭和30年代から40年代を描いた映画には、オート三輪が走る日本の原風景を楽しむことができますよ。

オート三輪、電気自動車で復活?

2013年(平成25年)にトヨタ自動車が発表した超小型電気自動車の試作機(手前) 写真:共同通信社

2013年(平成25年)にトヨタ自動車が発表した超小型電気自動車の試作機(手前) 写真:共同通信社

現在では絶滅したと思われたオート三輪ですが、最近、電気自動車(EV)として復活する可能性がでてきました。コンパクトで小回りができ、維持費が安く、環境にも優しいとモーターショーでコンセプトカーを発表するメーカーが増えているんだとか。

新しくなったオート三輪は、安全面から「前が二輪で後ろが一輪」がトレンドに。デザインも近未来的で先進的なイメージです。

若者の車離れが進む日本、もしかすると未来の「電動式オート三輪」が車業界の救世主になる日も近いかも…?