150519kiza10

釣り銭に混じるレアアイテム

この名前を聞いて「あーー!」と思い出した人も少なくないはずです。そう、「希少価値があるらしい」「高く売れるらしい」「大金持ちになった人もいるらしい」など、さまざまな「らしい」が積み重なって生まれたのが「ギザ十」伝説。冒頭で声を上げた人は、今でもどこかに「ギザ十」を隠し持っているに違いありません。

「え、ギザ十?ソレナニ?」という方のために解説しますと、「ギザ十」とは十円玉の一種類。実は十円玉は発行年によって大きく2種類の「タイプ」に分けられるのです。初期の十円玉は百円玉などと同じく、側面に多数の溝(ギザギザ)が掘られていました。現在発行されている十円玉は溝がなくなっているため、その一時期に作られた十円玉を、ギザギザ付きの十円玉、略して「ギザ十」と呼ぶようになったのです。

ギザ付きだった意外な理由は…

そんな「ギザ十」が製造されていたのは1951年(昭和26年)から1958年(昭和33年)まで。製造されなかった1956年(昭和31年)を除き、約7年間におよそ17億7千万枚が製造されました。ギザギザがついている理由として、よく耳にするのは「金貨や銀貨を削り取られるのを防ぐため」。でも「ギザ十」は青銅製ですよね…。造幣局のWebサイトでは、その疑問を解く答えが紹介されています。

Q:貨幣にギザや穴があるのは何故ですか?また、貨幣につけられているギザの数はいくつですか?

A:貨幣のギザはもともと「金貨や銀貨等の貴金属の貨幣の場合に、外縁が削り取られるのを防ぐため」あるいは「当時の最高額面の貨幣であることを示すため」につけられていました。現在は、「他の貨幣と区別するため」や「偽造防止対策のため」につけられています。

「ギザ十」が発行された当時、十円玉は最高額面の貨幣だったわけです。ご存じでしたか?

「ギザ十」のさらなる秘密とは?

「ギザ十」の中でも、1958年(昭和33年)の発行数は2500万枚と最も少ないため、希少価値があるとされているのですが……。さて、実際はどうなのでしょうか? あらかじめ断っておきますが、今もまだ大事に「ギザ十」を集めている方は、この先は読まないほうが良いかもしれません。続けますよ。覚悟はよろしいですか?

買い物のお釣りで紛れ込んだ「ギザ十」。その価値は…?

未使用品ならば数千円の値が付くものもあるようですが、一度流通してしまった「ギザ十」の古銭商での買取価格は高くても数十円程度。古銭商に持ち込んだとしても多くの場合は「買取不可」となってしまうのだとか…。買取をしてくれる先を探す時間や労力を費やすのであれば、最寄りのコンビニなどで「ギザ十」も、ギザ無し十円玉と同じように使うのが良さそうです。

あらためて価値を知ってしまうと、なんだ…、とガッカリしてしまいますが、それでも不意に出くわすと「おっ、ギザ十発見!」と、思わずニンマリしてしまうもの。そこで、「ギザ十」を見つけたときに使える、豆知識を一つ。1951年(昭和26年)から1952年(昭和27年)の「ギザ十」なら、おもて面に描かれた平等院鳳凰堂の屋根の上に注目しましょう。「鳳凰」の形が、他の年度のものと違うものがあるとか。電子マネーの普及でますます出番が少なくなっているから、もし見つけたら、その日は一日良いことがあるかも…?