トップページ > 番組ライブラリー > 被爆地の子に生まれて

被爆地の子に生まれて

初回放送日:2004年8月9日 放送時間:45分

このコンテンツをご覧いただくためには、最新のAdobe Flash Playerが必要です。以下のリンク先から最新のFlash Playerをダウンロードいただき、インストールした上でご覧下さい。

Get ADOBE FLASH PLAYER

※NHKサイトを離れます

被爆地として、長年世界に向けて平和を訴え続けてきた長崎。しかしその運動を担ってきた被爆者の高齢化が進み、被爆体験の継承が大きな課題となっている。そんな中、3年前から、県内の高校生達が核廃絶と平和を求める署名活動を始めた。集まった署名は毎年国連に届けている。また、高校卒業後も県外で平和活動を続ける大学生達もいる。2つのグループの中心になっている若者は、身内に被爆者がいたことが活動を始めるきっかけになった。しかし、そんな思いをよそに世界では、混迷の度を深めるイラク情勢、暴力の連鎖が続くパレスチナ問題など、重い現実が続く・・・。
番組は、理想と現実のさまざまな壁に悩みながら平和活動に取り組む若者達の姿を通して、被爆地ナガサキの平和への思いを伝える。

NHKティーチャーズライブラリー

詳しくはこちら
ページのトップに戻る