トップページ > 番組ライブラリー > 昭和20年 被爆の言葉 谷本清さんの日記

昭和20年 被爆の言葉
谷本清さんの日記

初回放送日:1997年6月7日 放送時間:5分

このコンテンツをご覧いただくためには、最新のAdobe Flash Playerが必要です。以下のリンク先から最新のFlash Playerをダウンロードいただき、インストールした上でご覧下さい。

Get ADOBE FLASH PLAYER

※NHKサイトを離れます

被爆から半世紀、NHK広島放送局では、昭和20年に書かれた日記や書簡などの一次史料を収集するキャンペーンを展開した。(番組末尾に募集告知シーンがあるが、現在公募は行っていない。)ケロイド治療のため渡米した原爆乙女たちを励ましたのは広島流川教会の牧師・谷本清さんだ。郊外に出かけていて無事だった谷本さんは日記に惨状を記し、戦後は被爆者の傷ついた心をいやそうとした。昭和22年の日記には、広島の人々は「恩讐を越えて戦争を地上より根絶せしめようという悲願」を抱き、「世界の平和」を念願していると記した。

語り:日色ともゑ

NHKティーチャーズライブラリー

詳しくはこちら

ページのトップに戻る