トップページ > 番組ライブラリー > NHKスペシャル 長崎 映像の証言 〜よみがえる115枚のネガ〜

NHKスペシャル
長崎 映像の証言 〜よみがえる115枚のネガ〜

初回放送日:1995年8月9日 放送時間:49分
平成7年度芸術祭作品賞・第36回モンテカルロ国際テレビ祭ゴールドニンフ賞受賞
※ この番組は、英語版も公開しています

このコンテンツをご覧いただくためには、最新のAdobe Flash Playerが必要です。以下のリンク先から最新のFlash Playerをダウンロードいただき、インストールした上でご覧下さい。

Get ADOBE FLASH PLAYER

※NHKサイトを離れます

1945年(昭和20年)8月、長崎に原爆が投下された翌日、爆心地に入り、写真を撮り続けたひとりの日本人カメラマンがいた。旧日本軍の命令を受けた山端庸介(やまはた ようすけ)さんである。破壊された街や傷ついた人々を克明に記録した山端さんの写真は、長崎原爆の実相を伝える貴重な資料である。この番組が制作された1995年、これらの写真はアメリカで最新のデジタル技術により修復され鮮明によみがえった。番組は写真を手がかりに、カメラが捉えた被爆者を訪ね歩き、被爆直後の長崎の惨状を明らかにしていく。

出演:山端祥吾

NHKティーチャーズライブラリー

詳しくはこちら

ページのトップに戻る