トップページ > 番組ライブラリー > ETV特集 インタビュー ピカは人が落とさにゃ落ちてこん

ETV特集 インタビュー
ピカは人が落とさにゃ落ちてこん

初回放送日:1994年8月22日 放送時間:45分

このコンテンツをご覧いただくためには、最新のAdobe Flash Playerが必要です。以下のリンク先から最新のFlash Playerをダウンロードいただき、インストールした上でご覧下さい。

Get ADOBE FLASH PLAYER

※NHKサイトを離れます

長崎の兵器工場で被爆した作家の林京子さんは、これまでに「祭りの場」や「青春」を始めとする数々の原爆文学作品を執筆し、原爆の悲惨さを世に伝えてきた。一方、広島で被爆した画家の丸木俊(とし)さんは、同じく被爆者である夫の位里(いり)さんと共に「原爆の図」を描き、原爆や戦争の凄惨さを訴え続けてきた。それらの作品は今も“原爆の図 丸木美術館”で公開されている。番組では、長年、原爆をテーマに作品を発表し続けてきた2人の被爆体験と創作活動との関わりを伝える。また、戦争を知らない世代へ被爆体験を伝えていくことの難しさを考えていく。

NHKティーチャーズライブラリー

詳しくはこちら

ページのトップに戻る