トップページ > 番組ライブラリー > NHKスペシャル あの炎を忘れない 〜被爆少女の手記とGHQ検閲〜

NHKスペシャル
あの炎を忘れない
〜被爆少女の手記とGHQ検閲〜

初回放送日:1993年8月9日 放送時間:49分

このコンテンツをご覧いただくためには、最新のAdobe Flash Playerが必要です。以下のリンク先から最新のFlash Playerをダウンロードいただき、インストールした上でご覧下さい。

Get ADOBE FLASH PLAYER

※NHKサイトを離れます

アメリカのメリーランド州立大学に、長崎で被爆した14歳の石田雅子さんの手記「雅子斃れず」が保存されている。これは元々、雅子さんが、親類で回覧する家族新聞に被爆したときのことを書いた文章を、父・壽さんが本にまとめたものだった。しかし、戦後間もない時期、出版物にはGHQの検閲があり、原爆に関することは特に厳しく制限されていた。検閲当局はこの本が「公共の安寧を害する」と、出版を禁止した。壽さんは娘の被爆体験を後世に残すために、手を尽くしてGHQの検閲と対峙した。番組は、壽さんがのこした資料や関係者の証言をもとに、検閲制度と闘った家族の思いを綴った。

NHKティーチャーズライブラリー

詳しくはこちら

ページのトップに戻る