トップページ > 番組ライブラリー > NHK特集 世界の科学者は予見する 核戦争後の地球 第2部 地球凍結

NHK特集 世界の科学者は予見する 核戦争後の地球 
第2部 地球凍結

初回放送日:1984年8月6日 放送時間:48分

北半球の先進国で都市に住む人口は13億。ある想定によれば、全面核戦争後の死傷者は11億人に達する。都市の多くは壊滅し、放射線は緩慢に生態系を破壊する。加えて科学者たちは気候の激変を予想する。いわゆる「核の冬」だ。核爆発で生ずる大火災で煙の微粒子が大気中に噴き上がり、太陽光線が遮られ、地表は寒冷化する。大気循環が変わり、やがて南半球も暗くなる。核の冬は、超大国が保有する核の0.5%でも起きうる――こうした科学者たちの予見を映像化し、世界の人々に核の現実を訴えた。
ページのトップに戻る