トップページ > 番組ライブラリー > 市民の手で原爆の絵を

市民の手で原爆の絵を

初回放送日:1975年8月6日 放送時間:45分
昭和50年度放送文化基金賞受賞
※ この番組は、英語版も公開しています

このコンテンツをご覧いただくためには、最新のAdobe Flash Playerが必要です。以下のリンク先から最新のFlash Playerをダウンロードいただき、インストールした上でご覧下さい。

Get ADOBE FLASH PLAYER

※NHKサイトを離れます

被爆30年を契機に、NHK広島放送局が被爆者自身の手による被爆体験の絵の募集を呼びかけたところ、 2200枚におよぶ絵が寄せられた。自分の目で見た光景を描いた一枚一枚の絵には、戦後、語ってこなかった被爆者の深い思いが込められていた。放送局と市民が協力して取り組んだ「原爆の絵」の運動は、被爆の事実を記録する活動として大きな反響を呼んだ。この番組は、集められた原爆の絵と絵を描いた本人の証言をもとに広島放送局が制作したドキュメンタリーである。

NHKティーチャーズライブラリー

詳しくはこちら

ページのトップに戻る