女の中にいる他人

ドラマのみどころ

女の中にいる他人

ある日、夫に「不倫」と「殺人」を告白された平凡な主婦・百合子。
家族を守るために百合子は、次第に別の顔を持った女へと変貌していく・・・。

脚本家のことば

…吉本昌弘

山女日記 シーン写真

このドラマには「悪い人」しか出て来ません。主人公ですら夫が犯した罪を必死に無かったものと思い込もうとします。子供たちのために。家族のために。そんな言葉の鎧を身にまとって――。でも振り返ると、鎧をつけて生きているのは私たちも同じかもしれません。他人の目から、行き交う様々な情報から、日々身を守ろうとしています。そのためには言い訳をし、小さな嘘さえつく。そう考えると、登場人物たちは決して荒唐無稽ではない身近な存在なのかもしれません。ですので、一度観るだけでなく、私はこのタイプ、私だったらこうすると、それぞれのキャラクターに自分を置き換え、何度でも楽しんでいただけたら幸い(最高)です。

演出家のことば

…塚本連平

山女日記 シーン写真

日本映画界の名匠、成瀬巳喜男監督の傑作を原作としたドラマを演出でき光栄です。日常の中にある思わぬ裂け目にはまりこんでしまった人間の営みを、突き放すのではなく、いとおしむように描いた成瀬監督の眼差しは、今回のドラマでも大切にしていきたいと思っています。そして、私がかつて親しんできた昭和ドラマの熱っぽいムードを画面全体に醸し出せ ればと思っています。ハラハラしながらも様々な角度から楽しんでいただけたら嬉しいです。

制作統括のことば

…志村彰(The icon)

山女日記 シーン写真

「不倫」という文字が躍ったこの一年、50年前に公開された本作の原作映画は不倫殺人から起こる心理サスペンスで、まさに今の時代にぴったり当てはまる物語です。二転三転するストーリー、意外な展開をどうぞお楽しみください!

制作統括のことば

…土屋勝裕(NHK 編成局コンテンツ開発センター)

山女日記 シーン写真

「こんな状況に追い込まれたら自分はどうするか?」想像するだけで胃が痛くなりそうです。でもそれは、もしかしたら誰にでも起こりうること。極限状態で、人間は善人ぶった仮面を脱ぎ捨て、なりふり構わずエゴをむき出しにして戦わざるをえなくなる。このドラマは、そういう意味で、とても人間臭いドラマに仕上がっています。毎回ハラハラドキドキしながら、登場人物たちのバトルを楽しんでいただきたいと思います。

番組情報/制作スタッフ

【放送予定】
2017年1月8日(日)放送開始 <連続7回>
BSプレミアム 毎週日曜 よる10時から10時49分

【原作】
小説「細い線」(エドワード・アタイヤ)
映画「女の中にいる他人」(製作 東宝、脚本 井手俊郎、監督 成瀬巳喜男)

【脚本】
吉本昌弘、児玉頼子

【音楽】
吉俣良

【主題歌】
手嶌葵「赤い糸」(作詞・作曲 山本加津彦)

【出演】
瀬戸朝香、尾美としのり、石黒賢、木野花、板谷由夏
甲本雅裕、森岡豊、西山繭子、中村倫也、弥尋 ほか


【制作統括】
土屋勝裕(NHK編成局コンテンツ開発センター)、
志村彰(The icon)

【演出】
塚本連平、本田隆一

ご感想掲示板

【投稿データの読み込み中】
投稿件数が多い場合、表示までに時間がかかります。データが表示されない場合は、再読み込み・キャッシュの削除をお試しください。
掲示板を読む

「女の中にいる他人」のサイトをすべて表示するためには、JavaScript対応のブラウザが必要です。