• プレミアムドラマ 奇跡の人
  • スペシャル企画TOPへ

“峯田ロス”になりそうです(笑)。

主人公の亀持一択を演じてくれるのは、ロックミュージシャンの峯田和伸くんです。日本のサブカルチャーのなかでは有名人だし、カリスマっぽいところもあるけど、ドラマを見てくださる方の中には「なんだ、この兄ちゃんは?」と思われる方もきっと多いと思います(笑)。
峯田くんはミュージシャンとしても魅力的だし、役者としても得体の知れないポテンシャルをもっていると僕は思っています。「彼の魅力はこれだ!」となかなか言葉にはできないけれど、何かとても本物な感じがするんです。
ですから、企画の初期段階から一択役は銀杏BOYZの峯田くんみたいな人に演じてほしいと思っていました。でも、連続ドラマの主演はスケジュールがハードだし、きっと現実的には無理だろうと言われてました。じゃあ、峯田くんのような人は誰だろう?とみんなで探したのですが、いないんですよね、峯田くんのような人は・・・どこにも。そこで、ダメ元でお願いしてみたら、意外にもOKをもらえました。その吉報をもらってから、僕の書くスピードは加速したし、絶対にいいドラマになるという確信のようなものが持てました。

先日、出来上がったばかりの第1話を見たとき、一択が峯田くんでやっぱり良かったと思ったし、俳優の力は大きいと実感させられました。もし、彼に出演を断られていたらと考えると恐ろしいですね。それくらい彼が演じる一択は最高です!
もうすぐ全話を書き終わりますが、ずっと峯田くん演じる一択のことを考えていたので、書き終えたら“峯田ロス”になりそうです(笑)。

※インタビューは4月中旬に行いました。いま岡田さんは、“峯田ロス”の真っ最中!かも。