受験のシンデレラ

ドラマのみどころ

人生の希望を失ったカリスマ予備校講師の男と落ちこぼれの女子高生が挑戦する、とてつもなく無謀な目標!はたして彼らは、わずか1年で難関・東大合格を手に入れることができるのか?!

受験のシンデレラ シーン写真

“人生の希望を失った男” と “夢見ることを忘れた少女” が偶然に出会って起きる奇跡の物語。

脚本家のことば

山岡潤平

受験のシンデレラ シーン写真

作家界一、左フックの強い、山岡潤平です。かつて、東大を受けようか一瞬考えクイックで諦めた、山岡です。
執筆中、本当の挫折とは、夢破れることよりも挑戦する前に諦めることなのではないか、と常に考えていました。
五十嵐透も、遠藤真紀も、人生を諦めかけていました。そんな二人が出逢い、心通い合うなんて生ぬるいものではなく、己の不遇に対する怒りの業火をぶつけ合い、血へドを吐きながら、一度は呪った自分の人生に立ち向かっていく……これは単なる受験奮闘モノではなく、やるかやらないかの局面で、やる、と決めた、勇気ある人たちの物語です。
あ、でも、笑いも、しとどにあります。

演出家のことば

(共同テレビジョン)植田泰史

受験のシンデレラ シーン写真

「受験のシンデレラ」は、奇跡的な出会いによって人生が変わるお話。それはまるで魔法のよう。
登場人物のみならず、触れた人の人生にも魔法がかかることがあるようです。
実際、原作に触れ、私の人生、ちょっと変わりました。親戚の受験生に原作を薦めたら、その子の人生は大きく変わりました。
より多くの人とこの感覚を共有したくて、テレビドラマ化の企画を立ち上げ、希望が叶い、NHK-BSプレミアムでの放送が決まりました。
現在、撮影現場で日々様々なミラクルを感じています。特に、小泉孝太郎さんと川口春奈さんは、奇跡的な演技を見せてくれています。ドラマ「受験のシンデレラ」、ご覧になる皆さんの人生にもすてきな魔法がかかると信じています。

制作統括のことば「受験はスポーツだ!」

(NHK)後藤高久

受験のシンデレラ シーン写真

大学受験前にこのドラマを見ていれば良かった……本当にそう思います。私の場合、30年も前で手遅れですが(笑)、これから受験の方はぜひご覧下さい! 「勉強ができないのは、やり方が悪いだけ。生まれつきの頭のレベルに差はない」という五十嵐の言葉を信じるなら、受験なんて怖くありません。受験とは純粋にテクニックであり、正しく厳しい練習(勉強)を数多くこなせば自信がつく! これはまさにスポーツと同じ。受験勉強を頑張って人生を知り、愛にときめき、未来を想い描く……とうに受験を過ぎた大人が見てもきっと人生の勉強になります! 爽快なスポ根ドラマを見るつもりでどうぞ。笑って泣いて、必ず脳が活性化します!?

制作統括のことば

(共同テレビジョン)森安彩

受験のシンデレラ シーン写真

テーマは『人としてどう生きるか』。この物語の登場人物は命の期限、そして格差社会という現実にぶち当たり、受験という手段をもって自らの運命に挑んで行きます。誰もが日々大小様々な壁にぶつかり、その度に自問自答しているのだと思います。
今という時代の中で、どう生きるのか?どう生きたいのか?
小泉孝太郎さん演じる五十嵐と川口春奈さん演じる真紀には、エネルギーがあります。出会った瞬間から「お前は、あんたはどう生きる?!」と互いに叩きつけあっているような力強さがあります。「後悔したくない」という想いが二人を突き動かします。
そんな2人の生き様が、このドラマを見てくださる方に勇気とパワーを与えられるよう、キャストスタッフ一丸となり、持っているすべてを出しきりたいと思っています。ぜひお楽しみください。

番組情報/制作スタッフ

【放送予定】
2016年7月10日(日)スタート<49分・連続9回>
BSプレミアム 毎週日曜 よる10時から10時49分
再放送:BSプレミアム 毎週土曜 よる11時45分から

【出演】
 ほか

【原作】
和田秀樹

【脚本】
山岡潤平 武井彩 武田樹里

【音楽】
末廣健一郎

【主題歌】
さかいゆう「But It’s OK!」

【制作統括】
後藤高久 出水有三(NHK) 森安彩(共同テレビジョン)

【演出】
植田泰史 木下高男(共同テレビジョン)

ご感想掲示板

【投稿データの読み込み中】
投稿件数が多い場合、表示までに時間がかかります。データが表示されない場合は、再読み込み・キャッシュの削除をお試しください。
掲示板を読む

「受験のシンデレラ」のサイトをすべて表示するためには、JavaScript対応のブラウザが必要です。