越智貴雄「感じるパラリンピックGallery」

いざ、世界パラ競泳メキシコへ!~競泳・鈴木孝幸選手~

20170822_ochi0000.jpg

鈴木孝幸選手(アテネ・北京・ロンドン・リオと4大会連続出場し、5つのメダルを獲得しているパラリンピアン)

来月9月29日、世界パラ競泳メキシコが開幕する。(10月6日まで)。この大会は2年に一度開催されるパラリンピックに次ぐ規模の、世界最高峰のパラ競泳の大会。7月中旬、大会に向けて調整を行う、鈴木選手(SB3クラス,SM4クラス)の練習に密着させてもらった。


20170822_ochi0001.JPG

練習はイギリス、ニューキャッスルにあるノーサンブリア大学の室内水泳場。車いす使用者専用のロッカーがプールサイドの一番近いところに置かれていた
ロッカーの下の空間は、車いすがすっぽり収まる


20170822_ochi0002.jpgウォーミングアップ


20170822_ochi0003.jpgキャップをしっかり整えた後、練習スタート


20170822_ochi0005.jpg20170822_ochi0006.jpg日々のトレーニングの積み重ねが結果になってあらわれる


20170822_ochi0007.jpg

練習後、引き締まった身体を撮影させてもらった。



20170822_ochi0008.jpg20170822_ochi0009.jpg泳いだ後は、筋トレへ


20170822_ochi0010.jpg20170822_ochi0011.jpg大きなマットを持ち上げ倒す動作を何往復も。どのぐらいの重さかなと、越智も少し持ち上げようとしてみたが、重くて持ちあがらなかった。


20170822_ochi0012.jpg練習終了後、ポートレートを撮らせてもらった。サービス精神旺盛な鈴木選手らしいポーズ


キーワード:    
著者:写真家 越智貴雄(おち・たかお)
1979年、大阪生まれ。大阪芸術大学芸術学部写真学科卒業。2000年のシドニーパラリンピックから国内外のパラスポーツの撮影取材活動を続けている。2004年パラリンピックスポーツ専門ウェブサイト「カンパラプレス」を設立。2012年パラリンピック義足アスリートの競技資金集めの為にカレンダーを1万部出版し国内外で話題となる。2013年9月のブエノスアイレスでの2020東京オリンピック・パラリンピック招致最終プレゼンテーションで佐藤真海さんのスピーチ時に映し出された「跳躍の写真」が話題になる。2014年義足で前向きに輝く女性を撮影した写真集「切断ヴィーナス」を出版。撮影取材の他にも写真展や義足女性によるファッションショーなどを多数開催している。

越智貴雄さんへのインタビューはこちら
Road to Rio特別編 ~パラリンピック、かかわる人々。Vol.5 写真家・越智貴雄さん~