大阪放送局トップへ
トップページ  番組情報  えぇトコ  これまでの放送
あなたの街のえぇトコ自慢聴かせてください。

9月6日放送

ここはみんなのおもちゃ箱 〜藤井隆&中江有里 大阪・松屋町の旅〜

大阪

今回は大阪で有名な問屋街、松屋町。大阪市を南北に走る松屋町筋には1キロほどの長さで花火、人形、おもちゃ、駄菓子、結納用品などの問屋・専門店が100軒ほど並んでいます。ここに買い物に来る人たちは、大人も子どももみんな笑顔です。藤井隆さんと中江有里さんが歩くだけでワクワクしちゃう!「まっちゃまち」を遊びつくします。

旅した人

藤井隆 (タレント)
大阪・豊中市出身。よしもと新喜劇に出演、「HOT!HOT!」のギャグで大ブレイクしバラエティ番組などで活躍。歌手としてもデビューし「ナンダカンダ」で2000年紅白歌合戦に初出場。

松屋町はなんばにある劇場へ通っていたときの通り道だったが、じっくりと歩いたのは初めて。

中江有里(俳優・作家・脚本家)
大阪市出身。1995年連続テレビ小説「走らんか!」でヒロイン。2002年「納豆ウドン」で第23回「BKラジオドラマ脚本懸賞」で最高賞を受賞し、脚本家デビュー。情報番組のコメンテーターなどでも活躍中。
松屋町は実家から比較的近所だがやって来たのは初めて。

旅したところ大阪・松屋町

  1. 松屋町の花火店①
    ロケ現場で出会ったご家族が毎年訪れているという花火店。人形店ですが花火を扱って50年の歴史があるそうです。松屋町は対面販売が基本。希望をすればお客さんから花火の用途や予算を聞いて花火を選んでくれます。
  2. 松屋町の花火店②
    希望をすればお客さんの要望を聞いて、遊ぶ花火の種類や順番をコーディネートしてくれます。明治15年創業の人形店です。松屋町の花火店の多くは人形店ですが、ひな人形・五月人形のシーズン以外には夏期は花火、冬期はクリスマスツリーなどを取り扱っています。
  3. 一年中 数多くの人形を並べる人形店
    人形を求めて松屋町を訪れる人が夏場でも数多く人形を見ることが出来るよう、一年中ひな人形・五月人形を数多く展示しています。外国人の旅行者がお店に立ち寄って人形の写真を撮りにくることもあるそうです。
  4. 結納用品の専門店
    松屋町には6〜7件の結納用品の専門店がありますが、その中でも老舗のひとつ。豪華けんらんな結納用品が展示されています。
  5. 小物玩具と駄菓子の専門店
    番組で紹介したコマは大阪市西成区で作られていたものですが生産終了。在庫がなくなればなくなるそうです。国産のコマは民芸品用に製造している所は現在でもあるそうですが、駄菓子屋などで売られる安価なコマを製造する所は無くなってしまったそうです。
  6. お菓子問屋
    今はやりのお菓子から、懐かしの駄菓子までおよそ6000種類のお菓子を取り扱うお店です。お菓子の小売店が仕入れに訪れたり、昔懐かしの駄菓子を大人買いする人、子ども会やお祭りなどのイベント用にお菓子をまとめて必要な人などがお店を訪れます。
  7. 食玩専門店
    日本では数少ない、食玩を専門に取り扱っているお店です。もともと卸のお店のため、単品での販売はおこなっていません。箱単位での販売に限られています。
  • 行き方
    松屋町筋商店街へ
    大阪市営地下鉄 長堀鶴見緑地線 松屋町駅 下車すぐ。
    松屋町筋沿いにお店が並びます。

担当日記

今回、松屋町の旅で一番感じたのはお店の皆さんのサービス精神。お客さんに満足してもらおう!という心意気があふれていました。番組では紹介出来ませんでしたが、松屋町に並ぶお店のほとんどは自動ドアがありません。「お客さんがすぐに気軽に店に入れるように」という工夫とのことです。
まだまだ花火も楽しめるシーズンですが、秋からはハロウィン、クリスマスツリーなどのイルミネーショングッズ、年が明ければひな人形そして五月人形と人形店の店頭を飾るものが変わってゆきます。おもちゃ箱をひっくり返したような街「松屋町」を歩いてみてください。

担当D 奥野

わたしもひとこと!

この回にわたしもひとこと!

    ページの先頭へ